石垣市トップ > 福祉部 介護長寿課

福祉部 介護長寿課

2017/05/01
石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定業務委託の入札様式について
2017/04/27
第4回生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料を掲載しました。
2017/04/27
第3回生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料を掲載しました。
2017/04/20
主任介護支援専門員及び介護支援専門員の募集について
2017/04/19
石垣市財務規則第109条第2項第2号に基づく随意契約の事後公表について
2017/03/29
石垣市指定地域密着型サービス新規指定申請について
2017/03/27
石垣市財務規則第109条第2項第1号に基づく随意契約の事前公表について
2017/03/24
ケアプラン作成委託料請求書等の様式について
2017/03/08
生涯活躍のまちづくり人材育成セミナー(後援:石垣市)
2017/03/07
石垣市指定地域密着型サービス事業所整備事業者の選考結果について
2017/02/21
平成28年度石垣市指定地域密着型サービス事業者への集団指導の開催について
2017/02/09
公の施設の指定管理者の選定結果について
2017/02/02
第2回生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料を掲載しました。
2017/02/01
生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会
2017/01/19
石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務契約候補者の決定について
2016/12/22
石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務委託業務に係る訂正及び質問に対する回答について
2016/12/19
石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務委託業務(プロポーザル方式)について
2016/12/13
石垣市地域密着型サービス事業者の公募について
2016/12/09
地域密着型サービス事業者の選定結果について
2016/10/24
地域密着型サービス指定申請手続きに係る質問票への回答について
2016/10/05
地域密着型サービス事業者の公募について
2016/10/03
敬老の日 新百歳慶祝訪問
2016/09/26
「在宅医療」知っていますか?家で最期まで療養したい人に(講演会のお知らせ)
2016/06/01
生涯活躍のまち(石垣版CCRC基本構想)策定事業における企画提案(2次審査)結果について
2016/05/19
生涯活躍のまち(石垣版CCRC基本構想)策定事業における企画提案の募集に係る質問票の回答について
2016/05/18
石垣市地域相談センター事業(北部石垣市地域相談センターブランチ)受託業者の決定について
2016/04/27
石垣市財務規則第109条第2項第2号に基づく随意契約の事後公表について
2016/03/23
石垣市財務規則第109条第2項第1号に基づく随意契約の事前公表について
2016/02/26
石垣市で受けられる高齢者福祉サービス事業について
2016/02/12
地域密着型サービス整備事業者の選定結果について
2016/02/02
「新しい総合事業」に関する介護事業所説明会を開催しました。
2015/11/05
地域密着型サービス事業者の応募に係る質問とその回答について
2015/06/15
利用者負担の見直し等について【平成27年度 介護保険制度改正】掲載しました。
2015/06/03
21パールプランいしがき(第6期)について
2014/07/15
石垣市相談協力員募集のお知らせ

石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定業務委託の入札様式について

石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(第7期:平成30年度~32年度)策定業務委託の指名を受けた入札指名者は別紙様式を利用ください。

  1 入札書 (工事を除く。)
  2 入札辞退届

▲トップへ

石垣市指定地域密着型サービス新規指定申請について

 石垣市内において介護保険法に規定する指定地域密着型サービス事業を実施するためには石垣市長の指定が必要です。
 介護保険上、地域密着型サービス事業者の指定は、人員、設備及び運営に関する基準、その他関係法令等を遵守した適正な運営ができる事業者に対して行われるものであり、指定に当たってはあらかじめ石垣市が設置する石垣市地域密着型サービス運営委員会の意見等を反映した上で指定することとなっています。
 介護保険法の改正により、平成28年度4月より利用定員が18名以下の通所介護事業所は地域密着型通サービスに位置づけられており、市が指定を行っております。
 運営方針やケアの質の確保等に関して、運営委員会の意見を反映するため、市が指定を行う地域密着型サービスの新規指定申請の方法等について、下記のとおり平成29年度のスケジュールを設定いたします。

事前協議書提出締切地域密着型サービス運営委員会開催指定申請書受付締切指定予定日
(1日付指定)
第1回4月10日頃5月頃6月1日7月1日以降
第2回8月10日頃9月頃10月1日11月1日以降
第3回12月10日頃1月頃2月1日3月1日以降

【留意点】
・スケジュールはあくまでも目安です。手続きの進み方次第で指定日等が変更になる可能性があります。
・事前協議書の提出などの申請手続き等を進める場合には、事前に介護長寿課へ連絡のうえ相談を行ってください。
・書類不備や基準を満たしていることが確認出来ない場合等で指定出来ないことがあります。

【申請窓口】
石垣市福祉部介護長寿課 給付認定係
TEL:0980-87-6022
FAX:0980-83-5525

▲トップへ

ケアプラン作成委託料請求書等の様式について

ケアプラン作成委託料請求書等の様式について掲載いたします。

 ・介護予防サービス計画作成委託料請求書

 ・介護予防ケアマネジメント委託料請求書

 ・介護支援専門員勤務一覧

 ・総合事業対象者における一時的な区分支給限度額変更申請書

 ・石垣市介護予防ケアマネジメント作成に係る情報開示申請書

 ・石垣市介護保険サービス計画作成に係る情報開示申請書

▲トップへ

生涯活躍のまちづくり人材育成セミナー(後援:石垣市)

【琉球大学公開講座】
 ~次代の産業ウェルネス健康・福祉・観光眞連携事業~
 生涯活躍のまち人材育成セミナー

① 基調講演:『超高齢化社会を支え合う地域づくり』
  講師 江端ひとみ 氏
   ㈱ グローリア21代表取締役
   一般社団法人 日本シニア検定協会 業務執行理事
   日本ケアセラピスト協会 副理事

② 導入講演:『健康福祉と観光の融合』
    ~石垣版生涯活躍のまちづくりへの期待~
  講師(コーディネーター) 荒川雅志 氏
    琉球大学 観光産業科学部観光科学科 教授(医学博士)
    生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会 委員長

» セミナー生涯活躍のまちづくり(PDFファイル)

▲トップへ

石垣市指定地域密着型サービス事業所整備事業者の選考結果について

 石垣市では、「第6期高齢者福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、平成29年度に開設を予定する地域密着型サービス事業所整備事業者について、 「石垣市指定地域密着型サービス事業者選考委員会」において厳正な審査を行った結果、次の法人を選考しましたのでお知らせします。

法人名  合同会社 四つ竹
サービスの種類  認知症対応型共同生活介護
利用定員  9名(1ユニット)
事業所開設予定地  石垣市字真栄里436-10

▲トップへ

平成28年度石垣市指定地域密着型サービス事業者への集団指導の開催について

下記のとおり開催いたします。

日時
平成29年2月23日(木)13時15分開場
13時30分~15時30分

会場
石垣市健康福祉センター1階 第1・第2研修室
※会場の駐車場に限りがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお、総合運動公園の駐車場についても利用可能です。

対象
石垣市指定地域密着型サービス事業所の管理者等(2名以内)

説明会当日には、下記の資料をプリントアウトのうえご持参ください。

質問票については、いずれかの方法で提出して下さい。
1.当日会場で職員へ提出
2.後日メール又はFAXにて提出
 ※集団指導当日は時間の都合上、質問者への回答はいたしません。
 お寄せいただいたご質問に関する回答等については、後日周知いたします。
 なお質問は、集団指導の内容に関するものに限らせていただきます。


 ① 指定更新手続きについて
 ② 変更届について
 ③ 石垣市の被保険者以外の利用者の受け入れについて
 ④ 運営推進会議について
 ⑤ 高齢者虐待と身体拘束について
 ⑥ 事故報告について
 ⑦ 介護職員処遇改善加算について
 ⑧ 実地指導について

 資料一覧
 日程
 質問票

▲トップへ

公の施設の指定管理者の選定結果について

石垣市老人福祉センターの指定管理者の選定結果について

 平成28年11月1日から指定管理者の公募・選定を行ってきました石垣市老人福祉センターについては、 市の付属機関である指定管理者選定委員会の選定結果を踏まえ、市として次のとおり指定管理者を選定しました。
 なお、平成29年3月市議会定例会で指定管理者の指定について議案を提出し、議会の議決を得たのち、指定管理者の指定を行います。

1 所在地  石垣市字真栄里402
2 名称  石垣市老人クラブ連合会
3 選定結果  採決方式による全会一致
4 選定理由  石垣市老人クラブ連合会は施設設置の目的達成能力や管理運営を安定して行う物的・人的能力があることから、適当と認められました。

▲トップへ

生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会

■第1回 生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料

  » 会議資料
  » 委員名簿
  » 議事録

■第2回 生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料

  » 会議資料1
  » 会議資料2
  » 参考資料 石垣市人口統計行政区別(高齢化率)
  » 議事録

■第3回 生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料

  » 会議資料1
  » 会議資料2
  » 会議資料3
  » 議事録

■第4回 生涯活躍のまち(石垣版CCRC)基本構想策定委員会資料

  » 会議資料1
  » 議事録

▲トップへ

石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務契約候補者の決定について

 石垣市地域相談センター管理システム構築事業契約候補者を石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務プロポーザル選定委員会において、次の者に決定しました。

   ・株式会社 okicom

▲トップへ

石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務委託業務(プロポーザル方式)について

「石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務プロポーザル実施要領」に基づき、以下のとおり公募型プロポーザルの募集を行う。

1 応募に関する事項

 ・石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務プロポーザル実施要領
 ・石垣市地域包括支援センター管理システム構築業務 調達仕様書
 ・別紙_システム機能要件仕様書
 ・様式

2 受付期間及び提出場所

《受付期間》
平成28年12月19日(月)から
平成28年12月27日(火)まで
午前8時30分から午後5時15分まで
 
・提案書作成に関する質問書提出期限
 12月20日(火)
・提案書作成に関する質問書回答
 12月22日(木)
・提案書提出意思表明書の提出期限
 12月27日(火)

《提出場所及び問合わせ先》
石垣市 福祉部 介護長寿課 地域包括支援センター
電話:0980-84-3333
FAX:0980-83ー5525
E-Mail:k-tomori@city.ishigaki.okinawa.jp

▲トップへ

石垣市地域密着型サービス事業者の公募について

 地域密着型サービスは、高齢者の方々が介護の必要な状態となっても、可能な限り住み慣れた地域での生活が継続できるよう設けられたサービスで、石垣市では、第6期介護保険事業計画に基づき、基盤整備を進めていくこととしています。
 そこで、公正性かつ公平性を確保するとともに、質の高いサービス提供と適正な運営の確保を目的として、よりよいサービス提供が期待できる事業者を選定するため、公募を行うものです。

1 公募する地域密着型サービスの概要

介護サービスの種類 事業所数(定員数) 開所時期
(介護予防)認知症対応型共同生活介護 1事業所( 9名 ) 平成29年度

2 受付時期及び提出場所

受付期間 提出場所及び問い合わせ先
平成29年1月4日(水)から
平成29年1月12日(木)まで
(土曜・日曜・祝日、12月29日から1月3日は除きます)
午前9時から午後4時45分(受付時間)
石垣市美崎町14番地
石垣市福祉部介護長寿課給付認定係
電話 0980-87-6022
FAX 0980-83-5525
E-Mail:Kaigo@city.ishigaki.okinawa.jp

平成28年12月19日(月)に公募に関する説明会を行います。

3 応募方法
 本公募に申込を希望する事業者の方は、公募書類一覧にある関係書類を受付期間内に提出してください。
 詳細については、下記の「地域密着型サービス事業者公募要項((介護予防)認知症対応型共同生活介護)」をご覧ください。

4 その他(質問について)
 公募要項に関する質問は、質問票によりFAX及びEメールで石垣市介護長寿課あて提出すること。
 質問に対する回答は質問票提出者にFAX又はEメールで回答するとともに、市ホームページ上で質問内容(質問法人等の名称は省く)及び回答を掲載します。

問合せ先 福祉部介護長寿課給付認定係
住  所 石垣市美崎町14番地
電話 0980(87)6022  FAX0980(83)5525
E-Mai  kaigo@city.ishigaki.okinawa.jp

 ・地域密着型サービス指定申請に係る質問票

 ・地域密着型サービス指定申請に係る質問における回答について


認知症対応型共同生活介護(介護予防)応募申請提出書類一覧

地域密着型サービス事業者募集公募要項(認知症対応型共同生活介護)
説明会申込書

区分 様式の名称又は書面の内容 様式番号等
応募申請書 指定地域密着型サービス事業所応募申請書 様式第1号
事業所の応募に係る記載事項 認知症対応型共同生活介護事業所・介護予防認知症対応型共同生活介護事業所の応募に係る記載事項 付表4
その他必要な書類 従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表 様式1
法人代表者経歴書 様式3
事業所平面図及び写真 様式5
居室面積一覧表 様式6
利用者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要 様式9
介護保険法第78条の2第4項各号及び第115条の12の第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書 様式10-2
役員一覧表 様式11
その他事項についての誓約書 様式13
同意書 様式14
当該事業に係る事業計画書 様式15
申請者の定款 任意様式
事業所の運営規程(作成済みの場合のみ) 任意様式
当該申請に係る資産状況に関する書類
※登記事項証明書
公的機関が発行する証明書
法人の直近1年間の決算書類 任意様式
法人が運営している介護サービス等の概要 任意様式
法人の組織図 任意様式

▲トップへ

地域密着型サービス事業者の選定結果について

石垣市では、「第6期高齢者福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、平成28年度に開設を予定する地域密着型サービス事業者について、「石垣市地域密着型サービス運営委員会」において審議を行った結果、次の法人を選定しましたのでお知らせします。

法人名  第一メディカルケア株式会社
事業所名  介護付き有料老人ホーム コーラルケア
事業所住所  沖縄県石垣市浜崎町3丁目3番9
サービスの種類  地域密着型特定施設入居者生活介護
利用定員  20名

▲トップへ

地域密着型サービス事業者の公募について

 地域密着型サービスは、高齢者の方々が介護の必要な状態となっても、可能な限り住み慣れた地域での生活が継続できるよう設けられたサービスで、 石垣市では第6期介護保険事業計画に基づき、基盤整備を進めていくこととしています。
 そこで、公正性かつ公平性を確保するとともに、質の高いサービス提供と適正な運営の確保を目的として、 よりよいサービス提供が期待できる事業者を選定するため、公募を行うものです。

1 公募する地域密着型サービスの概要

介護サービス施設の種類 事業所数(定員数) 開所時期
特定施設入居者生活介護 1事業所(20名) 平成28年度

2 受付期間及び提出場所

受付期間 提出場所及び問合せ先
平成28年10月20日(木)から
平成28年11月4日(金)まで
(土曜・日曜・祝日は除きます)
午前9時から午後4時30分(受付時間)
※郵送による書類の受付はしませんので、予め電話予約の上来庁願います。
石垣市美崎町14番地
石垣市福祉部介護長寿課給付認定係
電話 0980(87)6022
FAX 0980(83)5525
E-Mail:Kaigo@city.ishigaki.okinawa.jp

3 応募方法
本公募に申込みを希望する事業者の方は、公募書類一覧にある関係書類を受付期間内に提出してください。
詳細については、下記の「地域密着型サービス事業者公募要項(特定施設入所者生活介護)」をご覧ください。

 ○地域密着型サービス事業者公募要項(特定施設入所者生活介護)
 ○公募申請に係る様式

4 その他
 質問について公募要項に関する質問は、質問票によりFAX及びEメールで石垣市介護長寿課あて提出すること。
質問に関する回答は、質問票提出者にFAX及びEメールで回答するとともに、市ホームページ上で質問内容(質問法人等の名称は省く)及び回答を掲載します。

 ○質問票

 ○質問票への回答について(2016/10/24)


問合せ先  福祉部介護長寿課給付認定係
住 所  石垣市美崎町14番地
電 話  0980(87)6022
FAX  0980(83)5525
E-Mai  kaigo@city.ishigaki.okinawa.jp

▲トップへ

敬老の日 新百歳慶祝訪問

平成28年度に新百歳になられた方への慶祝訪問について

 「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」―。九月十九日の敬老の日、中山市長は市内で今年新百歳になられた 東藏盛英次郎(ひがしくらもり えいじろう)さん、東白金廣一(ひがししろかね ひろいち)さん、山口節(やまぐち せつ)さん のご自宅を訪問し、石垣市から頌状と記念品、内閣総理大臣から銀杯と祝状、沖縄県知事から祝状をお3人へ贈呈し、ご長寿のお祝いを行いました。
 今年度市内で新百歳になられた方は、男性5人、女性12人の計17人です。

▲トップへ

「在宅医療」知っていますか?家で最期まで療養したい人に(講演会のお知らせ)

「住み慣れた家や街で自分らしく暮らしたい」、「自宅で親のリハビリをしたいけど医療のことが分からないので不安だ」等、 高齢者が安心して暮らすための方法として在宅医療はいかがですか!!最期は住み慣れた我が家でとお考えの皆様のご来場をお待ちしております。

 ⇒ 高山先生講演会ポスター(PDFファイル)

▲トップへ

生涯活躍のまち(石垣版CCRC基本構想)策定事業における
企画提案(2次審査)結果について

 平成28年5月31日に実施した、生涯活躍のまち(石垣版CCRC基本構想)策定事業に係る受託候補者プロポーザル選定委員会による2次審査結果について、 下記の企画提案者が契約候補者として選定されました。

  契約候補者 : 株式会社 沖縄計画機構

▲トップへ

石垣市地域相談センター事業(北部石垣市地域相談センターブランチ)
受託業者の決定について

 平成28年度石垣市地域相談センター事業(北部石垣市地域相談センターブランチ)を次の者に委託しました。
   ・社会福祉法人希望ヶ丘(在宅介護支援センターてふてふ)
     連絡先:0980-87-6121(担当:西垣)

▲トップへ

地域密着型サービス整備事業者の選定結果について

石垣市では「第6期高齢者福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、平成28年度に開設を予定する地域密着型サービス整備事業者について、 「石垣市老人福祉施設等整備事業者選定委員会」において審議等を行った結果、次の法人を選定しましたのでお知らせします。

法人名  株式会社がんじゅうさー
サービスの種類  (介護予防)小規模多機能型居宅介護
利用登録定員  29人
事業所開設予定地  石垣市字桃里168番地15

▲トップへ

「新しい総合事業」に関する介護事業所説明会を開催しました。

平成28年3月1日から「新しい総合事業」が始まります。
介護長寿課では、介護事業所(居宅介護支援、デイサービス、訪問介護)を対象に説明会を開催しました。

⇒ 次第 【PDF】
⇒ 説明資料 【PDF】
⇒ 質問票 【Word】

なお、総合事業に関するお問い合わせや、事業内容のご質問は、「質問票」にてFAX(0980-83-5525)
郵送、または介護長寿課(地域包括支援センター)窓口まで

▲トップへ

石垣市相談協力員募集のお知らせ

あなたも相談協力員になりませんか!
 相談協力員とは、地域包括支援センターと連携して高齢者の方々が安心して地域で暮らしていけるように、保健福祉サービスの広報や積極的な活用について紹介したり、ゆるやかに見守りや声かけ等をするボランティアのことです。
 特別な資格、経歴は不要。現在、50名の方が登録しています。
 詳細については、石垣市地域包括支援センター(電話:0980-84‐3333)まで。

▲トップへ

石垣市で受けられる高齢者福祉サービス事業について

石垣市で受けられる高齢者福祉サービス事業(PDFファイル)

▲トップへ

21パールプランいしがき(第6期)について

「21パールプランいしがき(第6期)」
石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(平成27年度~平成29年度)


石垣市第6期計画体系図

概要版

広報用パンフレット(介護保険料について)

▲トップへ

利用者負担の見直し等について【平成27年度 介護保険制度改正】

○平成27年度の介護保険制度改正に伴い、平成27年8月より、下記の通り利用者負担の見直し等が行われます。
○見直し等の趣旨、制度の詳細等につきましては、リンク先から厚生労働省作成のリーフレットをご確認ください。

1.一定以上所得者は、利用者負担が2割に変わります。

一定以上所得者(※)が介護サービスを利用した時の利用者負担は、1割から2割に変更となります。

※ 一定以上所得者とは・・・
本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の65歳以上の方(第1号被保険者)の年金収入+その他の合計所得金額が、 単身世帯280万円以上、2人以上世帯346万円以上ある方。

2.介護サービス利用時には、「介護保険負担割合証」の提示が必要になります。

一定以上所得者が2割負担になるのに伴って、利用者負担の割合(1割又は2割)が記載された「介護保険負担割合証」が交付されます。
介護サービスを利用する際は、「被保険者証」とともに「介護保険負担割合証」を提示する必要があります。

【厚生労働省作成リーフレット】
一定以上所得のある方は、サービスを利用した時の負担割合が2割になります(PDFファイル:368KBytes)

3.高額介護サービス費の基準が変わります。

月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)が変わり、負担上限額の区分に、「現役並み所得者に相当する方がいる世帯(※)」が新設されます。

※ 「現役並み所得者に相当する方がいる世帯」とは・・・
同一世帯内に課税所得145万円以上の65歳以上の方(第1号被保険者)がいる世帯で、
・同一世帯内に第1号被保険者が1人の場合: 年収383万円以上
・同一世帯内に第1号被保険者が2人以上いる場合: 年収の合計額が520万円以上

【厚生労働省作成リーフレット】
高額介護サービス費の基準が変わります(PDFファイル:399KBytes)

4.食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります。

介護保険施設等を利用した場合の食費・部屋代について、配偶者が住民税課税者である場合や、 預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合は、食費・部屋代の負担軽減は受けられません。

【厚生労働省作成リーフレット】
食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります(PDFファイル:288KBytes)

5.特養の相部屋(多床室)に入所する市町村民税課税世帯の方等の部屋代負担を見直します。

特別養護老人ホームの相部屋(多床室)に入所する方(ショートステイ利用者を含む。)のうち、 市町村民税課税世帯の方等については、平成27年8月から新たに「室料相当」を負担していただくこととなります。

【厚生労働省作成リーフレット】
多床室に入所する市町村民税課税世帯の方等の部屋代負担について(PDFファイル:226KBytes)

▲トップへ

サービスを受けるには

 ⇒PDFファイルをダウンロード

在宅でサービスを利用したい
 「要介護1~5」と認定された方は、居宅介護支援事業者などに、「要支援1~2」と認定された方は地域包括支援支援センターに依頼して、利用するサービスを具体的に盛り込んだケアプランを作成し、ケアプランにもとづいてサービスを利用します。

施設に入所したい
入所を希望する施設に直接申し込みします。

サービス事業所や施設の検索は下記サイト(WAM NET(ワムネット)で行う事ができます。
http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/kaigo/service/

※石垣市において、現在下記のサービスの提供はございません。(H24.12月現在)
○訪問入浴介護
○訪問リハビリテーション
○特定施設入所者生活介護(要支援者)
○介護療養型医療施設

▲トップへ

在宅サービス

在宅サービスでは、要介護状態区分に応じて、上限額(支給限度額)が決められていて、その範囲内でサービスを利用する場合は、自己負担は1割です。ただし、上限を超えてサービスを利用した場合は、超えた分は全額自己負担になります。
※消費税増額に伴い、平成26年4月1日より支給限度額が変ります。

■1か月の在宅サービス上限額(支給限度額)

要介護状態区分 支給限度額
要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

自宅で利用するサービス

訪問介護・介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴・排せつ・食事などの身体介護や、調理・洗濯などの生活援助を行います。通院などを目的とした乗降介助(介護タクシー)も利用できます。※乗降介助は要介護者のみの利用となります。

※次のようなサービスは介護保険の対象となりませんのでご注意ください。
①本人以外の方へ行う家事 ②草むしりや花木の手入れ ③ペットの世話 ④洗車 ⑤大掃除や家屋の修理などの日常的な家事の範囲を超えるもの

訪問入浴介護・介護予防訪問入浴介護
浴槽を積んだ移動入浴車で家庭を訪問し、入浴の介助を行います。全身入浴のほか、希望により部分浴や清拭も利用できます。

訪問看護・介護予防訪問看護
医師の指示に基づいて看護師等が家庭を訪問し、褥そうの処置、点滴の管理などの必要な看護や家族へのアドバイスを行います。

訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション
医師の指示に基づいて、理学療法士や作業療法士又は言語聴覚士が家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。また、福祉用具の使用方法の指導なども行います。

居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士、看護師などが居宅を訪問し療養上の管理や指導を行います。

出かけて利用するサービス

通所介護・介護予防通所介護(ディサービス)
ディサービスセンター等で入浴や食事、日常生活の支援や、機能訓練などを日帰りで行います。

通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション(ディケア)
老人保健施設や医療機関などで、理学療法士や作業療法士又は言語聴覚士によるリハビリテーションなどを日帰りで行います。

短期間入所する

短期入所生活介護・短期入所療養介護(ショートステイ)
介護予防短期入所生活介護・介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)

福祉施設や医療施設に短期間入所して、日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。
※食費や滞在費、日常生活費は別途負担になります。

特定の施設から提供されるサービス

特定施設入居者生活介護・介護予防特定施設入居者生活介護
指定を受けた有料老人ホームなどに入居している方で、要支援・要介護認定を受けている場合は、日常生活上の介護や機能訓練を提供します。

生活する環境を整えるサービス

福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与
日常生活の自立を助けたり、機能訓練に用いるための福祉用具、介護者の負担を軽くする為の福祉用具を貸与します。対象となるのは以下の13種類です。

①車いす ②車いす付属品 ③特殊寝台 ④特殊寝台付属品 ⑤床ずれ防止用具 ⑥体位変換器
⑦認知症老人徘徊感知器 ⑧移動用リフト(つり具部分を除く) ⑨手すり ⑩スロープ
⑪歩行器 ⑫歩行補助つえ ⑬特殊尿器(自動排泄処理装置)

※要支援1.2 要介護1の方は、①~⑧の品目は原則対象外です。
※要支援1.2 要介護1~3の方は、⑬の品目は原則対象外です。(尿のみの吸引装置を除く)

特定福祉用具購入・特定介護予防福祉用具購入
(指定店での購入となります!)

日常生活の自立を助けるために必要な福祉用具を購入した場合、1年につき10万円を上限に支給します。対象となる福祉用具は以下の5種類です。

①腰掛け便座  ②簡易浴槽  ③自動排泄処理装置の交換可能部品 ④移動用リフトのつり具  ⑤入浴補助用具

住宅改修費・介護予防住宅改修費
(事前申請が必ず必要です!)

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修を行った際、20万円を上限に費用が支給されます。

※申請に必要な書類

住宅改修費の支給申請に必要な書類は、次の通り「介護保険居宅介護(支援)住宅改修費支給申請書」と添付書類です。

●事前申請
 ①介護保険居宅介護(支援)住宅改修費申請書 
 ②添付書類
  ・住宅改修に要する費用に係る見積書
  ・改修前の写真(日付の入ったもの)
  ・図面
  ・ケアプラン
  ・住宅改修が必要な理由書
  ※住宅の所有者の承諾書
住宅改修を行った被保険者と、住宅の所有者が異なる場合は、当該住宅改修についての所有者の承諾書が必要となります。

●改修後申請
 ①事前申請で確認済の一式書類
 ②完成後の状態を確認できる書類等
  ・改修の個所ごとに、改修前・改修後それぞれの写真を添付します。
   (写真はそれぞれ日付の入ったものとします。デジタルカメラからのプリントでも可)
 ③住宅改修に要した費用に係る領収書

▲トップへ

地域密着型サービス

■住み慣れた地域で生活を続けるために
住み慣れた地域での生活を続けるために、地域の特性に応じたサービスが受けられます。ただし、原則として、他の市区町村のサービスを受けられません。※サービスの内容や種類は、市区町村によって異なります。
※石垣市に住民登録をされている方(3か月以上)が利用できます。

食費、宿泊費(家賃)、日常生活費は別途負担があります。

認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護
認知症の方に、ディサービスセンターなどにおいて、入浴や食事、日常生活の世話や機能訓練などを日帰りでおこないます。

小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護
生活環境などに応じて、「通い」を中心に随時「訪問」や「泊まり」のサービスを組み合わせて多機能なサービスを受けられます。

認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同活介護
認知症高齢者が、共同生活をする住宅でスタッフの介護を受けながら、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を受けられます。

▲トップへ

施設サービス

要介護1~5の人が利用できます。(要支援1・2の人は利用できません。)
施設サービスは、介護が中心か、治療が中心かなどによって、入所する施設を3種類から選択します。入所の申し込みは介護保険施設へ直接行い、事業者と契約します。

〇介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
 
 常時介護が必要で居宅での生活が困難な人が入居して、日常生活上の支援や介護が受けられます。
〇介護老人保健施設
(老人保健施設)
 
 状態が安定している人が在宅復帰できるよう、リハビリテーションを中心としたケアを行います。
〇介護療養型医療施設
(療養病床など)
 
 急性期の治療を終え、長期の療養を必要とする人のための医療施設です。

■施設サービスを利用した場合の負担額

サービス費用の1割 + 居住費 + 食費 + 日常生活費

▲トップへ

その他のサービス

■1割の自己負担が高額になったとき
 同じ月に利用したサービスの利用者負担(1割)の合計額が上限額を越えたときは、申請により越えた分が「高額介護(予防)サービス費」として支給されます。


■低所得の人が施設を利用した場合の居住費・食費の負担限度額
 低所得の人の施設利用が困難とならないように、申請により居住費・食費は下表の負担限度額までの自己負担となります。

利用者負担段階 居住費等の負担限度額 食費の負担限度額
ユニット型 ユニット型 従来型 多床室
個室 準個室 個室
第1段階 本人及び世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金の受給者、生活保護の受給者 820円 490円 490円 0円 300円
(320円)
第2段階 本人及び世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人 820円 490円 490円 320円 390円
(420円)
第3段階 本人及び世帯全員が住民税非課税で、利用者負担段階第2段階以外の人 1,310円 1,310円 1,310円 320円 650円
(820円)

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担額は、 ( )内の金額となります。

▲トップへ

お問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 福祉部 介護長寿課
電話:0980-82-7158
FAX:0980-83-5525

▲トップへ

ページトップへ