石垣市トップ > 石垣市 監査委員

石垣市 監査委員

監査委員の役割

 監査委員は公正で合理的、かつ効率的な本市の運営を確保するために、予算の執行や財産管理、公営企業の経営管理等についてチェックを行う役割をになっています。

▲トップへ

構成と組織

□監査委員

 監査委員は、識見を有する者から1名(識見監査委員)、議員のうちから1名(議選監査委員)で、合計2名の監査委員が選任されています。

 識見監査委員は、市長が議会の同意を得て、人格が高潔で市の財務管理や事業の経営管理などに優れた識見を有する者から選任された者です。

 本市の監査委員はいずれも非常勤で、任期は識見監査委員にあっては4年、議選監査委員については議員の任期となっています。

 監査委員は、独自の責任で職務を行う独任制ですが、監査結果報告や監査意見の決定は監査委員の合議によります。庶務事務を処理するために識見委員が代表監査委員となっています。

監査委員は、次の2名です。


代表監査委員(識見)   大濵 博文


監査委員(議選)      我喜屋 隆次

□監査委員事務局

監査委員の事務を補助するために監査委員事務局が設置されています。

事務局長(1名)‐‐‐局長補佐(1名)‐‐‐係長(1名)

▲トップへ

監査の種類

□一般監査

(定期監査)

 毎年行われるもので、財務に関する事務や経営事業が適正かつ効率的に行われているかを監査します。監査委員が行う監査で基本となっている監査です。監査の結果は、議会、市長及び関係のある委員会等に報告するとともに公表します。

(随時監査)

 必要があると認めるとき、定期監査に準じ、財務に関する事務や経営事業についてを監査します。監査の結果は、議会、市長及び関係のある委員会等に報告するとともに公表します。

(行政監査)

 必要があると認めるとき、市の行政事務が法令等に基づいて適正に行われ、合理的かつ効率的かを監査します。監査の結果は、議会、市長及び関係のある委員会等に報告するとともに公表します。

(財政援助団体監査)

 必要があると認めるとき、補助金等を与えている団体の出納その他の事務が適正で効率的かを監査します。監査の結果は議会、市長及び関係する委員会等に提出し公表します。

□特別監査

(住民の直接請求に基づく監査)

(議会の請求に基づく監査)

(市長の請求に基づく監査)

(住民監査請求に基づく監査)

□検査

(例月出納検査)

 毎月20日に、会計管理者・企業出納員の保管する現金の残高や出納関係諸表が適正かどうかについて検査します。検査の結果は議会、市長に報告します。

□審査

(決算審査)

 決算、その他関係諸表が適正かどうか、また、予算の執行等が適正で効率的に行われているかについて審査します。審査の結果、市長に意見書を提出します。

 現在、本市の会計は、次のとおりです

▲トップへ

一般会計及び特別会計

◇一般会計

◇国民健康保険事業特別会計

◇後期高齢者医療特別会計

◇介護保険事業特別会計

◇農業集落排水事業特別会計

◇都市計画土地区画整理事業特別会計

◇公共下水道事業特別会計

◇港湾事業特別会計

○公営企業会計

◇水道事業会計

(基金運用状況審査)

 基金の運用状況が正確かどうか、また、基金の運用状況が適正で効率的に行われているかについて審査します。審査の結果、市長に意見書を提出します。

 現在、本市の基金で運用が行われている基金は次のとおりです。

◇国民健康保険高額医療資金貸付基金

◇排水設備改造等資金貸付基金

◇農業集落排水設備改造等資金貸付基金

(財政健全化判断比率等審査)

 市長から審査に付される実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率の4指標と地方公営企業会計の資金不足比率について、その比率の算定が正しく行われているかを審査するものです。

▲トップへ

平成27年度に行った検査・審査・監査等

〇 検査
 例月出納検査

〇 審査
 平成26年度各会計別歳入歳出決算並びに基金の運用状況審査
 平成26年度石垣市水道事業会計決算書
 平成26年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の審査

〇 監査
 平成27年度定期監査

▲トップへ

定期監査報告書

 ・平成28年度定期監査報告書
 ・平成27年度定期監査報告書
 ・平成26年度定期監査報告書

▲トップへ

お問合わせ

石垣市美崎町14番地
電話
0980‐82‐4767
FAX
0980‐88‐5222
Eメール
 kansa@city.ishigaki.okinawa.jp

▲トップへ

ページトップへ