石垣市トップ > 農林水産部 畜産課

農林水産部 畜産課

平成30年度畜産事業のお知らせ

 石垣市では、沖縄振興特別推進交付金事業(一括交付金)を活用した下記、事業を実施します。

■石垣市緊急優良母牛更新事業

【事業内容】
この事業は、地域内母牛群の改良を図り市場性の高い子牛生産を推進するため優良母牛(雌子牛)を家畜セリ市場より導入した農家へ、予算の範囲内で購入費用の1/2(1頭最大30万円)の助成を行います。

【交付の条件】
(1) 石垣市に居住する畜産農家であること。
(2) 石垣島和牛改良組合に属する農家であること。
(3) 独立行政法人家畜改良センター(以下「家畜改良センター」という。)の「牛個体識別全国データベース情報の公表に関する手続き」に基づき、家畜改良センターに飼養地情報の公表の同意書を提出していること。
(4) 市税等の滞納がないこと。

【導入牛の要件】
(1) 黒毛和種であること。
(2) 家畜市場において取引された生後6か月以上12か月未満の雌牛又は、生後24か月未満の妊娠牛であること。
(3) 家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第32条の2第1項による農林水産大臣の承認を受けた者が行う登録又は登記を受けた雌牛であり、子牛登記証明書を有すること。
(4) 八重山地区優良繁殖素牛改良推進協議会の認めた雌牛であること。
(5) その他国庫補助事業等による補助金の交付を受けていないこと。
(6) 自家産ではないこと。

【提出書類】
(1) 石垣市緊急優良母牛更新事業実施計画書
 添付書類
  ①義務履行証明書(石垣市納税課にて発行)※市税等に滞納がないこと。
  ②石垣島和牛改良組合 組合員証明書
(2) 石垣市緊急優良母牛更新事業補助金交付申請書
 添付書類
  ①導入牛の子牛登記書等
  ②導入日(購入日)、購入費用を証明する書類

【お問い合わせ先】
・JAおきなわ八重山地区畜産振興センター
 〒907-0001石垣市字大浜391番地 TEL:83-2577 担当:蔵盛


■石垣市高齢繁殖母牛早期淘汰促進事業

【事業内容】
この事業は、株式会社八重山食肉センターにおいて高齢母牛の淘汰を行った畜産農家に対し、1頭あたり20,000円を上限として、予算の範囲内で助成します。

【交付の条件】
(1) 石垣市に居住する畜産農家であること。
(2) 石垣島和牛改良組合に属する農家であること。
(3) 独立行政法人家畜改良センター(以下「家畜改良センター」という。)の「牛個体識別全国データベース情報の公表に関する手続き」に基づき、家畜改良センターに飼養地情報の公表の同意書を提出していること。

【高齢母牛の要件】
(1) 石垣市で12ヵ月以上飼育された黒毛和種であること。
(2) 10才以上であること。ただし、不妊牛等については、この限りでない。
(3) その他国庫補助事業等による補助金の交付を受けていないこと。

【提出書類】
(1) 石垣市高齢繁殖母牛早期淘汰促進事業補助金交付申請書
 添付書類
  ①淘汰高齢母牛の登記証明書
  ②不妊等繁殖障害を証明する書類(必要な場合は堵畜時に必ず提出)
  ③家畜市場にて購入した母牛は、自家農場での産暦が確認できる書類
   (例えば、出産した子牛の個体識別番号が確認できる書類)
  ④義務履行証明書(石垣市納税課にて発行)※市税等の滞納がないこと。
  ⑤屠畜証明書(八重山食肉センター発行)
  ⑥石垣島和牛改良組合 組合員証明書

お問い合わせ先
・株式会社八重山食肉センター
 〒907-0001 石垣市字大浜1368-3 TEL:82-3594


■石垣市優良肥育素牛育成補助事業

【事業内容】
島産肥育牛の増頭、増体を図るため、市内肥育一貫経営農家の自家産子牛のうち、島内出荷を前提に肥育される産肉能力資質に優れた子牛に対し、その子牛期間に要する濃厚飼料費(1頭当たり一律5万円)の補助を行います。

【農家の条件】
補助金の交付を受けようとする肥育一貫経営農家(以下「農家」という。)は、次に掲げる全てに該当しなければならない。
(1) 石垣市に住所を有していること。
  (法人の場合は、その代表者が石垣市に住所を有していること)
(2) 市税等の滞納がないこと。
(3) 石垣島和牛改良組合に所属していること。
(4) 独立行政法人家畜改良センターの牛個体識別全国データベース情報の公表に関する手続に基づき、家畜改良センターに飼養地情報の公表の同意書を提出していること。

【肥育素牛の要件】
肥育素牛とは、次に掲げる全てに該当するものをいう。
(1) 石垣市で出生した自家産黒毛和種であること。
(2) 家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第32条の2第1項に基づき、公益社団法人沖縄県家畜改良協会(以下「改良協会」という。)による登記を受けた子牛で、子牛登記証明書又は血統証明書を有し、繁殖者氏名と農家名が同一であること。
(3) 生後満6か月から9か月未満の間において、改良協会の家畜審査を受けていること。
(4) 期待育種価が判明しているものについては、その形質のうち枝肉重量がB以上であること
  又はC以下及び期待育種価の判明していないものについては、体高等が月齢基準値以上であり、資質優良と認められること。
(5) その他国庫補助事業等による補助金の交付を受けていないこと。

【提出書類】
(1) 石垣市優良肥育素牛育成補助事業補助金交付申請書
 添付書類
  ①自家産を証明する書類(子牛登記書)
  ②資質要件を証明する書類(沖縄県家畜改良協会発行審査認定書)
  ③義務履行証明書(石垣市納税課にて発行)※市税等の滞納がないこと。
  ④印鑑証明書
  ⑤誓約書
  ⑥石垣島和牛改良組合 組合員証明書
備考:申請手数料 1頭につき3,500円

【関係書類提出お問い合わせ先】
・株式会社八重山食肉センター
 〒907-0001 石垣市字大浜1368-3 TEL:82-3594

【測定資質要件審査お問い合わせ先】
・公益社団法人沖縄県家畜改良協会八重山出張所
 〒907-0002 石垣市字真栄里上原896-2 TEL:83-3480

▲トップへ

石垣市肉用牛の概要

 本市の肉用牛は、年間平均気温24℃、降水雨量2,100㎜の亜熱帯性海洋気候を利用し、古くから周年放牧を主体とした経営がなされてきました。
 復帰後、沖縄特別措置法が施行されるに伴い温暖な気候条件と土地の高度利用を図り肉用牛を振興するため、国庫補助による草地開発整備事業、畜産建設事業、各種事業を導入し、粗飼料生産基盤及び施設、機械整備等、肉用牛の経営改善を強力に推進してまいりました。その結果、着実に実を結び平成19年12月末の肉用牛の飼養頭数は、26,262頭となっており、確実に伸展しております。
 また、肉用牛の改良についても購買者のニーズに的確に応えるため、生産基盤の整備と平行しつつ優良畜種の選定については、沖縄県及び事業団の精液を活用し、系統に応じた改良に努めております。
本市の和牛の特色として、
 1. 四季を問わず粗飼料の確保ができることから、自給粗飼料により飽食させ腹づくり に努めていること。
 2. 周年放牧により骨格の形成及び内臓器官が強化されている。
 3. 放牧により日光浴ができ、ミネラル、ビタミンの補給が豊富であり天然和牛と いっても過言ではありません。
 今後とも、繁殖経営を主体とした一貫経営を推進しブランド化した「石垣牛」の生産拡大を図り、消費者のニーズに応えるよう販路の拡大を図ってまいります。

【お問合せ先】
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市農林水産部 畜産課
TEL : 0980-82-1422(直通)
    0980-82-9911(代表)
FAX : 0980-82-1894

▲トップへ

石垣牛の定義

 石垣牛は、八重山郡内において生産・肥育管理された黒毛和種牛で登録書および、出生確認書、個体識別センターで確認できる登録黒毛和種の生産履歴証明書を有した、郡内で概ね20ヶ月以上肥育管理された去勢および雌牛(未経産)であること。
   「出荷月齢期間」  去勢 : 24ヶ月~35ヶ月以内    雌 : 24ヶ月~40ヶ月以内

石垣牛は、上記の条件で日本格付協会の格付けを有した枝肉のみを言い、下記の二通りで規格・品質表示の区別をして販売を行う。
特選 : 歩留等級( A ・ B ) 肉質等級( 5等級 ・ 4等級 )
銘産 : 歩留等級( A ・ B ) 肉質等級( 3等級 )

▲トップへ

リンク

沖縄県の家畜市場案内
http://www.oki-seri.jp/cms/public/top.php

▲トップへ

お問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 農林水産部 畜産課
電話:0980-82-1422
FAX:0980-82-1894

▲トップへ

ページトップへ