石垣市トップ > 市民保健部 環境課

環境課 新着情報

2018/10/03
石垣島の野生生物の採取について
2018/09/28
平成30年度住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請の募集について
2018/09/10
「秋の大掃除」についてのお知らせ
2018/09/03
石垣市有料指定ごみ袋の無料配布助成制度について
2018/08/06
一般廃棄物処理施設延命化対策検討委員会
2018/07/09
「台風時のごみ収集」についてのお知らせ
2018/05/29
第44回青空リサイクル市・出店募集 ~リサイクルでごみ減量~
2018/05/18
平成30年度石垣市狂犬病予防集合注射のお知らせ
2018/05/01
平成30年ハブ咬症注意報の発令について
2018/04/13
「やすらぎの杜いしがき斎場」からのお知らせ
2018/04/10
「春の大掃除」についてのお知らせ
2018/03/30
第3次石垣市役所地球温暖化防止実行計画
2018/03/01
専用水道及び簡易専用水道の衛生管理について
2018/02/27
一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会
2018/02/26
平成28年度石垣市役所(本庁舎)温室効果ガス排出状況を掲載しました。
2018/02/16
一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会
2018/02/01
ごみ出しに使う「透明袋」について
2018/01/05
2018年新春探鳥会のお知らせ
2017/12/11
一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会 オブザーバー名簿を掲載しました。
2017/11/24
「食品ロス削減運動」について
2017/11/13
「年末年始のゴミ」について
2017/11/13
一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会
2017/09/12
「台風時のごみ収集」についてのお知らせ
2017/09/11
「秋の大掃除」についてのお知らせ
2017/07/24
「指定ごみ袋」、「そ大ごみ処理券」及び「直接搬入手数料」の改定のお知らせ(再掲)
2017/07/20
沖縄県におけるヒアリ対策について
2017/07/13
事業系一般廃棄物の「ごみ処理施設搬入手数料」改定のお知らせ
2017/05/25
「ごみの分別、処理に関するアンケート」の集計結果について
2017/05/01
平成29年ハブ咬症注意報の発令について
2017/04/27
「指定ごみ袋」、「そ大ごみ処理券」及び「直接搬入手数料」の改定のお知らせ
2017/04/13
春の大掃除の実施について
2017/03/24
飼い猫・野良猫に関するアンケートの集計結果について
2017/02/07
石垣市クリーンセンター・最終処分場における計量器について
2017/02/03
生活環境に関する市民アンケートへのご協力をお願いします
2017/01/05
2017年新春探鳥会のお知らせ
2016/11/29
死亡野鳥等に関する情報提供について
2016/07/26
石垣市火葬場「やすらぎの杜いしがき斎場」について掲載しました。
2016/04/15
平久保半島のサガリバナ群落地が西表石垣国立公園に編入されました。
2015/05/27
しまeco通信No.09(2015.3)を掲載しました。
2014/06/24
雨水利用施設の設置に係る補助金交付制度が7月1日よりスタートします。
2013/11/29
缶類の資源化に関する資料の掲載について
2013/10/16
名蔵アンパルガイドブック(データ版)を掲載しました。

▲トップへ

石垣島の野生生物の採取について

 豊かな自然に恵まれた石垣島は、離島という閉鎖された環境の中で育まれた古くから生息する固有種や希少種などの貴重な野生動植物が多く生息しています。これらの生物のうち、国や県、市指定の天然記念物や、石垣市自然環境保全条例の中で特に保護する必要があると認められる種として定められた保全種については石垣市内での捕獲を原則禁じておりますが、そのほかにも多くの種が絶滅の恐れのある生物として環境省や沖縄県のレッドデータブックに記載されています。つまり天然記念物や保全種に指定されていなくても絶滅の危機に瀕している動植物は数多く存在しており、石垣島に生息する多くの種が島内の生態系の構築に重要な役割を担っています。
 石垣島の豊かな自然と貴重な動植物を保護し、未来に残す為に天然記念物や保全種に指定された種以外の動植物に関しましても乱獲や大量捕獲等の行為は控えていただくようご協力お願いいたします。

 ※石垣市自然環境保全条例において保全種に指定されている動植物を許可無く採取や殺傷、又は損傷した場合は30万円以下の罰金に処される場合があります

・石垣市自然環境保全条例チラシ(PDFファイル)
・天然記念物チラシ(PDFファイル)

▲トップへ

平成30年度住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請の募集について

 石垣市では、地球温暖化防止に寄与することを目的として、 住宅用太陽光発電システムを設置し使用する者に対して設置費の一部を補助する制度があり、 今年度も下記のとおり補助金交付申請を下記の期間受け付け致します。 補助金交付希望者は、「石垣市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱」に基づいた申請が必要となります。
 詳しい内容については、下記の資料をご確認頂くか、環境課(82-1285)までお問い合わせ下さい。

申請期間:平成30年10月15日(月) ~ 平成30年11月16日(金)

「石垣市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱」の概要

対象者 ・ 市内在住の石垣市民
・ 市税(国民健康保険税を含む)を滞納していないこと
・ 対象システムの稼働状況について、市への情報提供に協力できる者
・ 1世帯(同居世帯は1世帯とみなす)につき1回
対象施設 ・ 住宅用に設置されたシステムで太陽電池モジュールの最大出力が合計値又はインバーターの最大出力が10Kw未満のシステムであること
・ 平成29年10月1日より平成30年9月30日までの期間に電力会社との受給契約が完了したシステムであること
・ 設置前において、使用に供されたものではないこと
・ リース契約によるシステムではないこと
補助額 1件あたり 3万円
申請窓口 石垣市役所 環境課 自然環境係 TEL:0980-82-1285

・石垣市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱 (PDFファイル
・補助金交付申請書【様式第1号】 (PDFファイルWordファイル
・補助金交付請求書【様式第4号】 (PDFファイルWordファイル
・義務履行証明書【様式1、様式2】 (PDFファイルWordファイル

※本補助金は来年度までとなっており、今後については、廃止または他事業の設立について検討中です。

▲トップへ

「秋の大掃除」についてのお知らせ

石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例第6条の規定に基づき、全市民及び関係団体等の協力を得て、「秋の大掃除」を実施します。

実施期間は平成30年10月15日(月)~平成30年10月21日(日)までとなります。

10月15日(月)
磯辺・真栄里ニュータウン・前原タウン・八島町。

10月16日(火)
大川・石垣・美崎町・崎枝・川平・大嵩・仲筋・吉原・米原・富野・大田・伊土名・多良間・下地・兼城・栄。

10月17日(水)
双葉・新栄町・浜崎町。

10月18日(木)
登野城・天川・大浜・高田・三和・川原・於茂登・開南・嵩田・名蔵・元名蔵。

10月19日(金)
大里・星野・伊野田・大野・伊原間・明石・久宇良・吉野・平久保・平野。

10月21日(日)
新川・平得・真栄里・白保(各公民館役員対応)。

10月28日(日)
宮良(公民館役員対応)。

皆様ひとり1人のお力が、さらに住みよい石垣市へと繋がりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 » 「秋の大掃除」についてのお知らせ

▲トップへ

石垣市有料指定ごみ袋の無料配布助成制度について

石垣市では、子育て・介護の負担軽減を図るため、家庭でのおむつ等が大量に排出される対象世帯に対し、指定ごみ袋(20ℓ)を無料で配布します。
対象者本人、ご家族、介護ヘルパーなど、どなたでも申請できます。
各申請窓口にて申請していただき、市役所環境課にて配布いたします。

対象者 配布枚数(20ℓ) 申請時の持ち物 申請窓口 受け取り窓口
2歳未満の乳幼児 10枚/月として、2歳になるまでを一括配布(1度のみ) 子どもの生年月日が分かるもの(母子手帳又は健康保険証など) こども家庭課
健康福祉センター
環境課
環境課
在宅の者であって要介護4以上の認定を受けている常時紙おむつを使用している方 15枚/月として、1度の申請で1年分の配布(1年に1度のみ) 介護保険被保険者証又はその写し
紙おむつ購入領収書又はその写し
介護長寿課
石垣市日常生活用具給付等事業実施要綱で紙おむつ等(ストマ装着も可)の給付を受けている方 15枚/月として、1度の申請で1年分の配布(1年に1度のみ) 石垣市日常生活用具給付決定通知又はその写し等 障がい福祉課

 » 石垣市有料指定ごみ袋の無料配布助成制度について

▲トップへ

一般廃棄物処理施設延命化対策検討委員会

 本市の廃棄物処理の現状については、平成11年度に供用開始された一般廃棄物最終処分場の埋立可能年数が逼迫しており、最終処分場の延命化を図るための効果的な対策について、具体的な延命化手法の計画を策定する必要があります。
 そのため、検討委員会を設置し、石垣市一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会において答申された3案の最終処分場の延命化手法について、環境面、経済面、安定処理面等の比較検討を行い、本市にとって最適な延命化手法を選定し、実施計画の策定について検討いたします。

 » 設置要綱
 » 委員名簿

 » 第1回 会次第
 » 【資料1】最終処分場延命化方針のこれまでの経緯
 » 【資料2】石垣市一般廃棄物処理施設の現況
 » 【資料3】石垣市ごみ処理施設の現状と課題・既設最終処分場の延命化対策の検討

▲トップへ

第44回青空リサイクル市・出店募集 ~リサイクルでごみ減量~

 サイズが合わなくなったから、新しいものに買い替えたから・・、そうしてあなたの家に眠ったままの、衣料品、おもちゃ、ベビー用品などの不用品はありませんか?もう使わないけれど、「使いたい人がいれば譲ってもいいな」とは思いませんか?
 石垣市では、ごみの減量化を推進するとともに、環境やお財布にもやさしい取り組みとして、毎年「青空リサイクル市」を開催しています。
 ご家族、ご友人、ご近所の方々など、みなさまで声を掛け合って、是非ご参加ください。

日  時: 平成30年6月24日(日)午後1時~4時
       ※雨天の場合は、7月1日に延期
場  所: 石垣市中央運動公園・公園事務所前芝生エリア
申込方法: 出店ご希望の方は石垣市役所環境課まで、電話又はFaxにてお申し込みください。
募集期間: 平成30年5月28日(月)~6月22日(金)
出 店 料: 無料
そ の 他: 出店場所の事前指定は出来ません。当日、各自で確保をお願いします。また、飲食物、化粧品類、法律に違反する物品(盗難品、刃物類、爆発物、危険物等)の出品はできません。
問 合 先: 石垣市市民保健部環境課 82-1285(直通)

 » 第44回青空リサイクル市(PDFファイル)

▲トップへ

平成30年ハブ咬症注意報の発令について

 沖縄県では、平成30年5月1日から6月30日までの間、ハブ咬症注意報を発令し、広く県民や観光客の皆さんがハブ咬症被害を未然に防止するよう呼びかけています。
 ハブによる咬症被害は、私たちの注意によって未然に防止することができます。以下の点に気をつけましょう。

 1.草刈りやネズミの駆除など敷地内の環境整備を行い、ハブが生息・進入しにくい環境を整えましょう。
 2.田畑や山野、草地等への出入りや夜間に歩行する際には十分に注意するよう心がけましょう。

もし、ハブに咬まれた場合は、激しい動きをしないで、身近な人に助けを求め、早急に医療機関で治療を受けてください。

参照:沖縄県HP ハブに気をつけよう!
http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/hoken/eiken/eisei/habutop.html

▲トップへ

「やすらぎの杜いしがき斎場」からのお知らせ

石垣市では、「やすらぎの杜いしがき斎場運営管理業務委託」のプロポ-ザル方式参加希望者を受付いたします。

1.資料配布
平成30年4月16日(月) ~平成30年4月18日(水)

2.配布場所
石垣市市民保健部 環境課

3.参加申請書提出期間
平成30年4月19日(木) ~平成30年4月27日(金)

4.お問合わせ先
石垣市市民保健部 環境課 施設管理係
TEL:0980-82-1285
FAX:0980-83-9255

▲トップへ

「春の大掃除」についてのお知らせ

石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例第6条の規定に基づき、全市民及び関係団体等の協力を得て、「春の大掃除」を実施します。
実施期間は平成30年5月21日(月)~ 平成30年5月27日(日)までとなります。

5月20日(日)
真栄里(公民館役員対応)

5月21日(月)
磯辺・真栄里ニュータウン・前原タウン・八島町。

5月22日(火)
大川・石垣・美崎町・崎枝・川平・大嵩・仲筋・吉原・米原・
富野・大田・伊土名・多良間・下地・兼城・栄。

5月23日(水)
双葉・新栄町・浜崎町。

5月24日(木)
登野城・天川・大浜・高田・三和・川原・於茂登・開南・
嵩田・名蔵・元名蔵。

5月25日(金)
大里・星野・伊野田・大野・伊原間・明石・久宇良・吉野・
平久保・平野。

5月27日(日)
新川・平得・宮良・白保(公民館役員対応)。

皆様ひとり1人のお力が、さらに住みよい石垣市へと繋がりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 » 「春の大掃除」について

▲トップへ

ごみ出しに使う「透明袋」について

資源ごみ、有害ごみのごみ出しに使う「透明袋」については、市販の完全に透明な袋を使ってください。
半透明袋、レジ袋等で出されたごみは、中身がよく見えず、また破れやすいこともあるため収集できません。
なお少量の場合は、3斤袋、5斤袋といった袋もご使用いただけます。皆様のご協力をお願いいたします。

 » 透明袋について(PDF)

▲トップへ

2018年新春探鳥会のお知らせ

下記の日程で探鳥会を開催いたします。参加希望の方は事前にお申込みください。

【開催日時】
平成30年1月21日(日)9:00~12:30頃まで(8:45集合)

【集合場所】
石垣市役所玄関前ピロティー(観察場所へは、バスにて乗車移動します)

【探索経路】
(予定)バンナ公園(石垣ダム) → 名蔵アンパル(南風川橋) → 新川川河口

【申込期間】
平成30年1月4日(木)~1月15日(月) ※定員30名に達し次第締め切ります。

【申込方法】
氏名、年齢、住所、電話番号、参加人数を「申込先」までご連絡ください。

【申込先】
石垣市 市民保健部 環境課 自然保護係 担当:長嶺・玉城
TEL: 0980-82-1285  FAX: 0980-83-9255

【その他】
参加料は無料です。
当日は動きやすい服装(雨天時の対応は各自)で、筆記用具、軽食(あめ等)、飲み物はご持参ください。
双眼鏡や名蔵アンパルガイドブック、その他フィールドガイド(図鑑等)、をお持ちの方はご持参ください。
※ 双眼鏡等の貸し出しはありますが、数に限りがあります。

▲トップへ

「年末年始のゴミ」について

 年末年始のゴミの収集及びゴミ処理施設の日程は以下のとおりです。
 また今年は、12月31日が日曜日にあたっておりますので、十分お気をつけて下さい。
 早めに、計画的にゴミ出しを行う様、各ご家庭においても取り組みをお願いいたします。

・年末年始のゴミの収集


・一般廃棄物処理施設 年末年始日程表

▲トップへ

「食品ロス削減運動」について




▲トップへ

一般廃棄物処理基本計画見直し検討委員会

 本市では、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137条)及び石垣市一般廃棄物処理及び清掃に関する条例(昭和47年市条例第82号)に基づき、 平成24年度に策定した「石垣市一般廃棄物処理基本計画」が策定から5年が経過しており、平成29年度は中間年度にあたります。
 その間に、本市を取り巻く社会経済状況は、大きく変化しました。また、本市一般廃棄物最終処分場の残余容量もわずかとなっています。

 そのため、検討委員会を設定し、これまでの計画運営や取り組みによる成果や課題を整理し、最終目標年度である平成34年度に向け、一般廃棄物処理事業の 適正に推進するため本計画の見直しを行い、あわせて、本市一般廃棄物処理施設の今後のあり方について、検討いたします。

 » 検討委員会設置要綱
 » 検討委員会委員名簿
 » オブザーバー名簿


 » 第1回会次第
 » 第1回検討委員会_会議概要
 » 【資料1】一般廃棄物処理基本計画の概要
 » 【資料2】一般廃棄物処理の現況
 » 【資料3】将来ごみ量の見込み
 » 【資料4】将来し尿・浄化槽汚泥処理量の見込み
 » 【資料5】一般廃棄物処理基本計画(前期計画)に示した課題とその取組状況
 » 【資料6】本市一般廃棄物最終処分場の今後のあり方

 » 第2回会次第
 » 第2回議事概要
 » 【資料1】計画書素案(第1章~第3章)
 » 【資料2-1】廃棄物処理関係用語集(計画書にも添付予定)

 » 第3回会次第
 » 第3回議事概要
 » 【資料1】計画書(素案)
 » 【資料1-2】計画書(素案)修正箇所一覧
 » 【資料2】先進地視察について
 » 【資料3】埋立処分地における掘り起こしごみ調査について
 » 【資料4】 石垣市一般廃棄物処理方針(案)について
 » 【資料4-2】工程計画(案)

 » 地域住民説明会及び意見交換会 会次第
 » 【資料1】石垣市におけるごみの焼却処理について
 » 【資料2】ごみ焼却施設の排ガスダイオキシン類排出濃度実績と延命化改良後の基準値

 » 第4回会次第
 » 第4回議事概要
 » 【資料1】説明会及び意見交換会当日配布資料
 » 【資料2】地域住民説明会及び意見交換会 会概要
 » 【資料3】公害防止協定書(名蔵公民館、嵩田公民館・バラビドー集落会)
 » 【資料4】計画(素案)修正箇所一覧
 » 【資料5】パブリックコメントの実施について

▲トップへ

「台風時のごみ収集」についてのお知らせ

 台風時のごみ収集について、暴風警報が発令されている間は、ごみの収集ができませんので、ごみを出さないようにお願いします。そ大ごみについても同様です。
 また、暴風警報発令中は、ごみ収集施設も閉鎖となりますので、ごみを持ち込まないよう市民の皆様のご協力をお願いします。

 なお、暴風警報が、正午前(~11:59)に解除となった場合、その時点からごみの収集を開始し、ごみ処理施設も場内の安全確認終了後に受入を開始します。
 正午以降(12:00~)に解除となった場合は、その日の収集等は中止となります。


» 台風時のごみ収集について(PDFファイル)

問合せ先:環境課生活環境係 0980-82-1285

▲トップへ

「秋の大掃除」についてのお知らせ

 石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例第6条の規定に基づき、全市民及び関係団体等の協力を得て、「秋の大掃除」を実施します。

 実施期間は平成29年10月16日(月)~平成29年10月22日(日)までとなります。


10月16日(月)
磯辺・真栄里ニュータウン・前原タウン。

10月17日(火)
大川・石垣・美崎町・崎枝・川平・大嵩・仲筋・吉原・米原・
富野・大田・伊土名・多良間・下地・兼城・栄。

10月18日(水)
双葉・新栄町・浜崎町。

10月19日(木)
登野城・天川・八島町・大浜・高田・三和・川原・於茂登・開南・
嵩田・名蔵・元名蔵。

10月20日(金)
大里・星野・伊野田・大野・伊原間・明石・久宇良・吉野・
平久保・平野。

10月22日(日)
新川・平得・真栄里・白保(各公民館役員対応)。

10月29日(日)
宮良(公民館役員対応)。


皆様ひとり1人のお力が、さらに住みよい石垣市へと繋がりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

» 秋の大掃除の実施について(PDFファイル)

▲トップへ

「指定ごみ袋」、「そ大ごみ処理券」及び「直接搬入手数料」の改定のお知らせ

石垣市では、平成15年度からごみ有料化に取り組みごみの減量化を図ってきました。しかし、ごみの搬入量が増加傾向にあり、石垣市一般廃棄物最終処分場の埋立処分地が満杯になりつつあります。
このような状況の中、ごみの減量化を促進するため、平成29年8月1日から「指定ごみ袋」及び「そ大ごみ処理券」の手数料について、下記のとおり改定することとなりました。
また、市の処理施設に直接搬入する際の手数料についても改定することとなりましたので、市民各位のご理解とご協力をよろしくお願いします。

平成29年8月1日からの改定内容

種 類 改定前 改定後
■指定ごみ袋
(燃やすごみ・燃やさないごみ)
  大(10枚入)
  中(10枚入)
  小(10枚入)
200円
150円
100円
250円
200円
150円
■そ大ごみ 1個又は1束につき
100円
1個又は1束につき
大(小以外のもの)
400円
小(指定ごみ袋(大:45ℓ)に入る大きさで、かつ、10㎏未満のもの)
200円
■直接搬入ごみ・許可業者 10㎏につき
20円
10㎏につき
80円

 » 「指定ごみ袋」、「そ大ごみ処理券」及び「直接搬入手数料」の改定のお知らせ(PDF)

▲トップへ

沖縄県におけるヒアリ対策について

 環境省及び沖縄県より「沖縄県におけるヒアリ対策について」通知がありましたのでお知らせします。
 沖縄県自然保護課及び環境省那覇自然環境事務所ではヒアリ等外来種の調査・モニタリングを那覇空港、那覇港、石垣港において実施しています。
 また、ヒアリに関するチラシを作成しましたので、参考にして下さい。

(県内におけるヒアリの確認情報)
・平成29年7月14日現在、確認されておりません。

» ヒアリ!?ハッと思ったら、まずチェック!!(PDFファイル)

▲トップへ

「ごみの分別、処理に関するアンケート」の集計結果について

 平成29年2月3日にホームページ上でお知らせした「生活環境に関する市民アンケートへのご協力をお願いします」 で実施した2つのアンケートのうち、「ごみの分別、処理に関するアンケート」について、集計結果が出ましたので公表いたします。
 環境課では、このアンケート結果を参考にし、今後の取り組みに活かしていきたいと思います。アンケートの回答にご協力頂いた 市民の皆さま、ありがとうございました。

 » 「ごみの分別、処理に関するアンケート」結果報告書

▲トップへ

平成29年ハブ咬症注意報の発令について

 沖縄県では、平成29年5月1日から6月30日までの間、ハブ咬症注意報を発令し、広く県民や観光 客の皆さんがハブ咬症被害を未然に防止するよう呼びかけています。

 ハブによる咬症被害は、私たちの注意によって未然に防止することができます。以下の点に気を つけましょう。
 1.草刈りやネズミの駆除など敷地内の環境整備を行い、ハブが生息・進入しにくい環境を整えましょう。
 2.田畑や山野、草地等への出入りや夜間に歩行する際には十分に注意するよう心がけましょう。

もし、ハブに咬まれた場合は、激しい動きをしないで、身近な人に助けを求め、早急に医療機関で 治療を受けてください。

参照:沖縄県HP ハブに気をつけよう!
http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/hoken/eiken/eisei/habutop.html

▲トップへ

「春の大掃除」についてのお知らせ

石垣市廃棄物の処理及び清掃に関する条例第6条の規定に基づき、全市民及び関係団体等の協力を得て、「春の大掃除」を実施します。

実施期間は平成29年5月22日(月)~平成29年5月28日(日)までとなります。

5月14日(日) 真栄里 (公民館等役員対応)。
5月21日(日) 宮良 (公民館等役員対応)。
5月22日(月) 磯辺団地・磯辺第2団地・宮良団地・登野城団地・新川団地・ 新川第2団地・真喜良団地・真喜良第2団地・真喜良第3団地・ 県職員住宅真栄里団地・国家公務員宿舎1・2・3・4・ 平真団地・磯辺・白保・真栄里ニュータウン・前原タウン。
5月23日(火) 大川・石垣・美崎町・崎枝・川平・大嵩・仲筋・吉原・米原・ 富野・大田・伊土名・多良間・下地・兼城・栄。
5月24日(水) 双葉・新栄町・浜崎町。
5月25日(木) 登野城・天川・八島町・大浜・高田・三和・川原・於茂登・開南・ 嵩田・名蔵・元名蔵。
5月26日(金) 大里・星野・伊野田・大野・伊原間・明石・久宇良・吉野・ 平久保・平野。
5月28日(日) 新川・平得(公民館等役員対応)。

皆様ひとり1人のお力が、さらに住みよい石垣市へと繋がりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。


 » 平成29年春の大掃除について(PDFファイル)

▲トップへ

飼い猫・野良猫に関するアンケートの集計結果について

 平成29年2月3日にホームページ上でお知らせした「生活環境に関する市民アンケートへのご協力をお願いします」の中で実施した2つのアンケートのうち、 「飼い猫・野良猫に関するアンケート」について、集計結果が出ましたので公表致します。
 環境課では、このアンケート結果を参考にし、今後の取り組みに活かしていきたいと思います。アンケートの回答にご協力頂いた市民の皆様、ありがとうございました。
 なお、同時に実施した「ごみの分別・処理に関するアンケート」については、現在、集計中です。後日、集計次第、公表致します。

 » 飼い猫・野良猫に関するアンケート(集計結果)(PDF)

▲トップへ

石垣市クリーンセンター・最終処分場における計量器について

 » 石垣市クリーンセンター・最終処分場における計量器について

▲トップへ

生活環境に関する市民アンケートへのご協力をお願いします

生活環境に関する市民アンケートを実施します。
(対象者となった市民の皆様、ご協力をお願いします。)


 この度、石垣市環境課におきましては、市民生活と密接に関係する「ごみの分別、処理」及び「飼い猫、野良猫」に関して、 広く市民のご意見やご要望を調査し、今後の石垣市における生活環境施策に反映させるため、「生活環境に関する市民アンケート」を実施いたします。
 アンケートの対象者となった(アンケートが届いた)方におかれましては、突然のお願いで恐縮ではございますが、 趣旨をご理解いただき、ご回答くださいますようお願いいたします。

■市民アンケート実施要領

アンケートの対象者 ・石垣市在住の20歳以上(90歳以上を除く)の市民男女2,000名
(住民基本台帳より無作為に抽出)
アンケート名 (1) ごみの分別、処理に関するアンケート
(2) 飼い猫・野良猫に関するアンケート
アンケートの方法 ・アンケートは、郵送にて対象者へ送付します。
・アンケートの回答は、同封した返信用封筒にて回収を行います。
・アンケートは、無記名での回答となっていますので、個人が特定されることはありません。
日程 発送: 平成29年2月2日(木)発送
回答締め切り: 平成29年2月22日(水)(当日消印可)
結果公表: 平成29年3月(ホームページにて公表予定

■対象者へ送付した資料(アンケート票)

 » PDFデータ

■対象者の皆さまへのお願い

① アンケート用紙がお手元に届きましたら、アンケートにご回答の上、同封の返信用封筒に入れて、 切手を貼らずにご返送ください。
② アンケートの回答は、返信用封筒による郵送での提出をお願いします。FAXやメールでは、受け付けておりません。 また直接、市役所へお持ちいただく際は、返信用封筒も一緒に提出願います。アンケート用紙のみで提出することは できませんので、ご了承下さい。

▲トップへ

2017年新春探鳥会のお知らせ

下記の日程で探鳥会を開催いたします。参加希望の方は事前にお申込みください。

【開催日時】
平成29年1月28日(土) 9:00~12:30頃まで (8:45集合)

【集合場所】
石垣市役所玄関前ピロティー(観察場所へは、バスにて乗車移動します)

【探索経路】
(予定) バンナ公園(石垣ダム) → 名蔵アンパル(南風川橋) → 新川川河口

【申込期間】
平成29年1月10日(火)~1月23日(月)  ※定員30名に達し次第締め切ります。

【申込方法】
氏名、年齢、住所、電話番号、参加人数を「申込先」までご連絡ください。

【申 込 先】
石垣市 市民保健部 環境課 自然保護係  担当:玉城・慶田城
TEL:0980-82-1285  FAX:0980-83-9255

【そ の 他】
参加料は無料です。
当日は動きやすい服装(雨天時の対応は各自)で、筆記用具、軽食(あめ等)、飲み物はご持参ください。
双眼鏡や名蔵アンパルガイドブック、その他フィールドガイド(図鑑等)、をお持ちの方はご持参ください。
※双眼鏡等の貸し出しはありますが、数に限りがあります。

▲トップへ

雨水利用施設の設置に係る補助金交付制度が7月1日よりスタートします。

石垣市では、水資源の有効利用を図る目的として、雨水利用施設の設置に際し設置費用の一部を補助する制度をスタートいたします。補助金の交付にあたっては「石垣市雨水利用施設費補助金交付要綱」に基づいた申請が必要となります。詳しい内容については、下記の資料をご確認いただくか、環境課までお問い合わせください。

【対象者】
・市内在住の石垣市民
・1世帯(同居世帯は1世帯とみなす)につき1回

【対象施設】
・宅地及び宅地に隣接する駐車場または家庭菜園に設置される施設
・雨水を貯留できる施設(貯水容量200リットル以上)
・固定されたもので、容易に移設できない構造のもの
・台風等においても容易に破損する恐れがない構造のもの
・安全上問題がなく、貯留部が点検・確認できる構造のもの
・交付決定通知後に設置される施設であること

【補助額】
設置にかかった費用の1/2(ただし、上限40,000円)

【申請窓口】
石垣市役所環境課 自然環境係
TEL:0980-82-1285

【ダウンロード資料】
石垣市雨水利用施設設置費補助金交付要綱(PDF)
申請から交付までの流れ(PDF)
申請書類(書式)(PDF)
申請チェックリスト及び記入方法(PDF)
Q&A(PDF)

▲トップへ

4月1日から缶類が資源化されます

▲トップへ

石垣市缶類の資源化検討委員会配布資料

 ・石垣市缶類の資源化検討委員会設置要綱
 ・第一回第一回議事録
 ・第二回第二回議事録
 ・第三回


 ・缶類等の資源化意見交換会 概要


 ・缶類等の資源化最終案

▲トップへ

しまエコ通信

しまeco通信 No.01(2013.10)
しまeco通信 No.02(2013.12)
しまeco通信 No.03(2014.2)
しまeco通信 No.04(2014.3)
しまeco通信 No.05(2014.7)
しまeco通信 No.06(2014.9)
しまeco通信 No.07(2014.11)
しまeco通信 No.08(2015.1)
しまeco通信 No.09(2015.3)

▲トップへ

ごみの収集

■ごみ収集日の地区割表

クリックで拡大します↓

▲トップへ

ごみ処理料金

■家庭ごみ

もやすごみ:指定袋
もやさないごみ:指定袋
指定袋は、スーパーや各小売店でお買い求め下さい。

資源ごみと有害ごみは、透明袋です。
資源ごみと有害ごみは、必ず各家庭の門前から出してください。

資源ごみ缶(飲料用)透明袋
ビン・ペットボトル透明袋
新聞紙・チラシ
雑誌、ダンボール
束ねて出す
有害ごみ透明袋

指定袋1枚の値段(消費税込み)

もやすごみ袋もやさないごみ袋
大袋(45リットル)25円25円
中袋(30リットル)20円20円
小袋(20リットル)15円15円

■粗大ごみ

そ大ごみには1点ごとに料金分の処理券を貼ってください。
処理券は最寄りのスーパー・コンビニ等でお求めください。
 大: 400円(小以外のもの)
 小: 200円(指定袋「大」[45リットル]に入る大きさで10kg未満のもの



粗大ごみの大きさ → いっぺんの長さが30cm以上のごみ


■事業系ごみ

事業所は、許可業者に支払っている収集運搬料金とごみの重さに応じた市の処理料金を支払います。

事業系ごみの処理料金は10キログラムあたり80円です。
事業所は、透明、半透明の袋を使用します


■直接搬入の料金

個人、事業所が直接「クリーンセンター」や「最終処分場」にごみを持ち込む場合の料金は、 家庭ごみ・そ大ごみ・事業系ごみともに10キログラムあたり80円です。
料金は、施設で現金払いとなります。

(ご注意ください)
施設に搬入する場合は、透明、半透明にごみを入れて搬入することになります。 指定袋にごみを入れたり、そ大ごみにシールを貼り付けたりして施設に搬入した場合でも、 10キログラムあたり80円徴収されますのでご注意下さい。

また、資源ごみを搬入した場合も搬入量に応じて料金を徴収されます。 資源ごみは、家庭の門前から出すようにしてください。

▲トップへ

リサイクル

■ビンとペットボトル

◆リサイクルできるもの

ビン 飲料用、醤油用、お酒用です。
※油用、化粧品のビン類は、リサイクルできません。
ペットボトル ラベルに左のマークが表示されているペットボトルだけです。
(飲料用、醤油用、お酒用に表示されています。)
※油用、化粧品のビン類は、リサイクルできません。

◆家庭からの出し方
ビンとペットボトルを同じ透明袋に入れて出します。
※もやさない指定袋に入れないでください。


■古紙

◆リサイクルできるもの
新聞紙、チラシ、雑誌(OA紙を含む。)、紙パック、ダンボール
◆家庭からの出し方
・ 新聞紙とチラシは一緒に束ねてヒモで十字にしばって出します。
・ 雑誌、ダンボールは、それぞれヒモで十字にしばって出します。
・ 紙パックは開いて束ねてヒモでしばって出します。


■飲料缶

◆リサイクルできるもの
・ 飲料用のスチール缶、アルミ缶が対象です。
・ 下のマークが表示されている缶が対象です。

◆家庭からの出し方
・ スチール缶、アルミ缶は、透明袋に一緒に入れて出します。


■家電リサイクル法対象商品について

平成13年4月に施行された家電リサイクル法により、テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコンの家電4品目は法律により、リサイクルが義務づけられています


①製品を買い替える場合は、新しい製品を購入する家電小売店に引取りを依頼してください。
 ※リサイクル料金、収集運搬料金が必要です。小売店に相談してください。
②廃棄のみの場合は、製品を購入した家電小売店に引取りを依頼してください。
 ※リサイクル料金、収集運搬料金が必要です。小売店に相談してください。
③買換えでなく、購入した小売業者が廃棄した、遠方にあるまたは不明である等で購入した小売店を利用できない場合は、下記の家電リサイクル法対商品引取り協力店までご依頼ください。
 ※リサイクル料金、収集運搬料金が必要です。

<家電リサイクル法対象品引取り協力店>

事業者名 住所 電話番号
ベスト電器登野城店 石垣市登野城627番地7 0980-83-0380
ベスト電器石垣店 石垣市新栄町75番地26 0980-83-1302
エディオン石垣シティ 石垣市真栄里327番地 0980-86-0039

■パソコン

事業用は直接メーカーにお問い合わせ下さい。

◆リサイクルの対象となるパソコン
 ○ノート型パソコン
 ○デスクトップパソコン本体
 ○ディスプレイ(ブラウン管式、液晶式)
キーボード、マウス、ケーブル等は、パソコンと一体として販売されたものであれば、 一緒に排出された場合に併せて回収されます。

◆リサイクルの流れ

排 出 者

メーカーが指定した回収場所(簡易郵便局を除く全国の郵便局)

リサイクル工場(部品の再利用または材料として再資源化する。)

◆平成15年10月までに販売されたパソコンを廃棄する場合
- 廃棄の手続き -
1,排出者は所有しているパソコンのメーカーに廃棄の申込をする。
2,メーカーから排出者宛にリサイクル料金の銀行振り込み用紙が届く。
3,リサイクル料金の支払が確認された後、メーカーからゆうパックラベルが届く。
4,排出者自身で梱包する。
5,郵便局に集荷依頼の連絡をするか、又は排出者自身で郵便局に持ち込む。

◆平成15年10月1日以降に購入されたパソコン
購入されたパソコンには、リサイクル料金が含まれていますので、 排出時に消費者がリサイクル料金を負担することはありません。
メーカーが使用済パソコンを引き取ります。

◆平成15年10月までに販売されたパソコンを廃棄する場合のリサイクル料金
排出時に消費者がリサイクル料金を負担します。料金は下表のとおりです。

■自動車

自動車の所有者は、
 1,リサイクル料金の支払い。
 2,廃車は引取業者へ引き渡す。
の2点が義務づけられます。
リサイクル料金は、車種により異なりますのでメーカーに問い合わせてください。

◆対象となる車
乗用車、トラック、バス、ナンバープレートのない構内車など
◆対象外の車
大型特殊自動車、小型特殊自動車、被けん引車、二輪車(原付オートバイを含む)、トラクターなど

 クリックで拡大します↓


■離島対策支援事業

◆離島対策支援事業とは
 使用済自動車を自動車リサイクル法に基づいてリサイクルする場合は、 沖縄本島の破砕業者に海上輸送しなければなりません。
 支援事業は、この海上輸送費の8割を補助するものです。
 この事業は、財団法人自動車リサイクル促進センターからの出えん金をもとに全国 90%以上の離島市町村で平成17年10月1日から一斉に開始されました。
これにより離島住民(自動車所有者)の負担が大幅に軽減されています。

石垣市における事業概要は次のとおりです

①まず、使用済自動車を引取業者等(引取業者等一覧表を参照)に引き渡す際、ユーザーはその海上輸送にかかる費用の2割を支払います。

②引取業者等は、沖縄本島までの海上輸送費を立て替え、その費用を市に請求します。
(立替費用の内訳は、2割がユーザー、8割が引き取り業者等の負担となります。)

③市は、引取業者等が立て替えた費用の8割を財団法人自動車リサイクル促進センターから出えんしていただき、引取業者等に支払います。


※事業の対象となる輸送費
 石垣市で前破砕処理し、沖縄本島の破砕業者に輸送した場合の輸送費が対象です。
 前破砕処理せず沖縄本島に輸送した場合は対象になりません。

石垣市の事業フロー図



◆確認しましょう
 ユーザーは、2割の海上輸送費を引取業者等に支払わなければなりませんので、 引き取らせた使用済自動車の海上輸送費を知る必要があります。
 また、廃車時にはリサイクル料金とは別に解体費用などの処理費用が別途必要になる 場合もあります。
※引き取らせる場合は海上輸送費処理費用を確認しましょう。

◆引取業者等一覧表
(平成30年5月5日現在、県に登録又は許可を受けている業者)
海上輸送費のことはマークの業者にお聞きください。

事業所の名称 事業所
電話番号
引取業 フロン
回収業
解体業 前破砕業 海上輸送費
問合せ
ANT.R 0980-87-8003
のんき屋 0980-88-7667
丸安自動車整備工場 0980-82-1576
㈲ アイランドボディサービス 0980-82-9039
㈲ 金城運送 0980-82-2135
㈲ サキシマリサイクルプラザ 0980-22-7281
八重山自動車解体所 0980-82-6601
陸運総合 ㈱ 0980-82-8333
沖縄トヨタ自動車 ㈱ 八重山営業所 0980-82-4477

▲トップへ

生ごみの堆肥


市では、生ごみ処理容器を購入する方に購入費の一部を補助しています。

〇補助対象者 ・市内に住所を有する個人又は市内の小・中・高等学校
・容器の適切な管理ができる者
・堆肥化した生ごみを自家処理できる者
〇補助金額 ・3,000円を上限として、購入価格の2分の1(100円未満は切り捨て)を、補助いたします。
例)5,000円の製品なら2,500円。6,000円以上なら3,000円。
〇補助方法 ・製品購入時に、製品額から補助金額分を差し引きます。
〇補助基数 ・個人の場合 :1世帯につき2基まで
・学校等の場合:1校につき3基まで
※ただし、補助金の交付を受けた日から2年経過した場合には、上記の限りではありません。
〇申請方法 ・指定販売店で購入時に、申請書にて申請をお願いします。なお申請時には、ご印鑑が必要となりますので、必ずご持参下さい。

◆指定販売店

販売店舗 連絡先 住所
メイクマン石垣店 0980-82-1000 石垣市真栄里262-1

▲トップへ

台風ごみ

■1,台風時のごみ収集

・暴風警報が発令されているときは、ごみは収集できません。
・暴風警報が解除になった場合は次によります。
 正午までに解除になった場合;収集を開始します。
 正午以降に解除になった場合;収集はお休みです。次の収集日にごみを出してください。


■2,台風時のごみ処理施設(クリーンセンター、最終処分場)

・暴風警報が発令されているときは、施設はお休みです。
・正午までに解除になった場合;施設は業務を開始します。(自己搬入可能です。)
・正午以降に解除になった場合;施設はお休みです。


■3,台風ごみの処理

暴風警報が発令され、家の敷地内あるいはヤーヌマーリ(家の周辺)にごみが飛んできた場合の処理は、 次の方法で行います。
台風ごみの処理は、市民一人一人の協力が必要です。

◆木の枝、落ち葉、板切れ
①指定袋に入れるか又は、指定袋で包むかなどして、もやすごみ収集日に門前から出します。
②指定袋に入れず、ご自分でクリーンセンターに持ち込んでもらいます。

◆プラスチック類やその他不燃物
①指定袋に入れ、もやさないごみ収集日に門前から出します。
②指定袋に入れず、ご自分で最終処分場に持ち込んでもらいます。

▲トップへ

ボランティア清掃

 市では、ボランティア清掃活動を支援するためにポイントクリーニングという事業を行い、 その事業の対象範囲や支援の内容などを次のように定め、市民のご理解とご協力をお願いしています。


■1,清掃場所の範囲

海岸、幹線道路などの公共の場所。
拝所、御願、公民館など特定の管理者がいる場所、ヤーヌマーリ(家の回り)の清掃は対象になりません。


■2,支援の内容

①ボランティア用ごみ袋の提供
②清掃用手袋の提供
③ボランティア名入りのカンバンの設置(定期的に清掃している場合)
④ごみの回収(平日回収となります。)


■3,表彰など

長期間に渡り定期的に清掃を行った団体または個人の方は廃棄物関連の国、県の表彰制度に推薦します。 また、定期的ではなく1度限りの団体でもその功労を称えるため市の広報に団体名を掲載します。


■清掃する場合は

環境課に用意してあります申込書に清掃日時、団体名やお名前、 また清掃場所などを書き込み申し込みます。
ごみ袋や手袋などはその時に受け取ることになります。

▲トップへ

公害

法律で定められている公害には、次の7種類があります。

騒音  振動  悪臭  水質汚濁  大気汚染  地盤沈下 土壌汚染

このうち市内において、よく相談のある公害は、騒音と悪臭です。
事例としては、カラオケ騒音、夜間に犬が吠える声、生活排水の垂れ流しによる悪臭、 畜舎や工場などからの排水の悪臭などです。
 騒音については、人それぞれ感覚の違いはありますが、一般的に騒音は、不快な音、 好ましくない音のことをいい、大きさの目安としては次の表が参考となるでしょう。

120 デシベル飛行機のエンジンの近く
110 デシベル2m離れた自動車のクラクション
100 デシベル騒々しい工場の中
90 デシベル店内でのカラオケの音
80 デシベルバスの中、せみの声、大声の会話
70デシベル乗用車の中、騒々しい事務所の中
60デシベル普通の会話
50デシベル静かな事務所
40デシベル市内の深夜、図書館の中
30デシベル木の葉のそよぎ
20デシベル1m離れた置き時計の秒針の音

※レベルを表す単位にデシベルとホンというのがありますが、デシベルもホンも呼び方が違うだけで実際には同じと言われています。

住宅地内の騒音は、隣近所のご迷惑になりますので、エアコンの室外機、ボイラーなどは、 音の小さなものを選びましょう。また、犬などは正しく飼い、真夜中に吠えないように気をつけましょう。
スナックなどの飲食店内のカラオケは、外部に音が漏れないようにしてください。

 公害問題で困っているときは、市役所環境課(82-1285)または 八重山福祉保健所の生活環境班(82-3243)へご相談ください。


■特定施設を設置し使用する場合、及び特定建設作業を実施する場合は次によります。

◆特定施設の届け出
 金属加工機械、木材加工機械など著しい騒音や振動を発生する施設を設置及び使用の際は、 工事の開始30日前までに環境課自然環境係に届け出をしてください。

◆特定建設作業の届け出
 さく岩機、くい打機、びょう打機及び一定出力以上のトラクターショベル、バックホー、 ブルドーザーなどを使用する作業をおこなうときは、作業実施7日前までに環境課 自然環境係に届け出をしてください。

▲トップへ

犬・猫

■登録と予防注射

生後3ヶ月を過ぎますと、犬の登録と狂犬病予防注射を受けなければなりません。
登録は一生に1回限り。狂犬病予防注射は、毎年受けます。
市役所と獣医師会では毎年6月頃、各地域において登録及び予防注射をおこなっています。
金額は、次のとおりです。

手 数 料 の 種 類金額
予防注射済票交付550円
予防注射手数料2,450円
はじめて登録する場合(犬鑑札交付)3,000円
登録の鑑札をなくし、再交付をされる場合1,600円

※各地域での登録、注射を受けることができなかった方は、獣医開業医院で受けてください。

■犬の放し飼いはやめましょう

犬の放し飼いは、隣近所だけではなく、散歩する人、ジョギングをする人、登下校のこどもたち、 道行く人すべての人々が迷惑します。
そこで、次のことを守ってください。

1,昼も夜もしっかりつなぎ、放し飼いをやめる。
2,犬を散歩させるときは、首輪をつけ他人に危害を加えないよう十分気をつける。
3,散歩途中の犬のフンは、ビニール袋などで飼い主が始末する。捨て犬は群れをなして、 子牛、山羊などを襲います。また、人を襲うときもあります。

■捨て犬禁止

飼えなくなった犬、ねこは八重山福祉保健所(82-3243)に引き取らせてください。
引取り手数料が必要になります。

引取り手数料

犬の場合
91日齢以上(30kg以上)3,500円
91日齢以上(30kg未満)2,500円
91日齢未満500円
ねこの場合
91日齢以上2,500円
91日齢未満500円

ただし、保健所までは、飼い主が連れていかなければなりません。
引き取った犬、ねこは保健所から動物愛護センターに移送されます。

■所有者不明の犬・ねこの死体

所有者不明の犬は、環境課(82-1285)までご連絡ください。
犬・ねこが市道等で交通事故などで死亡した場合は、環境課(82-1285)まで、 国道・県道等の場合は、沖縄県八重山土木事務所維持管理班(82-2942)までご連絡ください。 死体を回収します。

所有者がわかる場合は、所有者に連絡してください。

▲トップへ

自然環境保全条例

■石垣市自然環境保全条例第28条に係る届出・承認に関する取扱要綱を策定しました
 平成27年6月5日付けにて石垣市自然環境保全条例第28条に係る届出・承認に関する取扱要綱を策定しましたので、要綱並びに書式を掲載いたします。
なお、本要綱の施行は、平成27年6月5日よりとなります。

 ⇒ 石垣市自然環境保全条例第28条に係る届出・承認に関する取扱要綱(PDF)
 ⇒ 様式(Excel)
 ⇒ 届出書(Word)

[問い合わせ先]
TEL:0980-82-1285


■希少野生動植物保全種及び保護地区の指定(素案)に係るパブリックコメントに対する回答について
 平成27年1月13日より2月12日までの期間に募集した「希少野生動 植物保全種及び保護地区の指定(素案)に係るパブリックコメント」に対す る回答を整理しましたので掲載します。
 パブリックコメントの募集は、市民対象となっておりましたが、市外から も多くのご意見を頂きましたので、参考意見として取り扱わせていただき、 指定検討の参考にさせていただきました。
 多くの皆さま方に関心をもっていただき、また貴重なご意見をいただき お礼申し上げます。ありがとうございました。

 ⇒ 希少野生動植物保全種及び保護地区の指定(素案)に係るパブリックコメント整理表(PDF)
 ⇒ 希少野生動植物保全種及び保護地区の指定(素案)に係るパブリックコメント(参考意見)整理表(PDF)

[問い合わせ先]
TEL:0980-82-1285


■石垣市自然環境保全条例に基づく希少野生動植物保全種及び保護地区が指定されました
 石垣市では、石垣島の希少野生動植物の保全及び生物多様性の確保を目的として、石垣市自然環境保全条例に基づき希少野生動植物保全種及び保護地 区を同条例施行規則の改正をもって指定致しました。また併せて、今後注視し、保全啓発の対象とする種を要注意種として指定しています。
 なお、保全種及び保護地区指定に係る施行規則の施行日は平成27年5月1日となっております。

内容 規制・罰則・注意事項
保全種 指定種は、下記のダウンロード資料を参照して下さい。 ・捕獲・殺傷又は採取・損傷をしてはならない。違反した者は30万円以下の罰金。
・学術研究上から捕獲又は採取する場合は、市長へ届け出て承認を得なければならない。違反したものは20万円以下の罰金。
要注意種 指定種は、下記のダウンロード資料を参照して下さい。 ・個体数の減少が見られ、今後注視し、保全啓発の対象としている。むやみな捕獲・採取は控えて下さい。
保護地区 指定箇所は、下記のダウンロード資料を参照して下さい。 ・保全種を将来にわたって保護することが必要な地区。保全種の生態系保護の為、保護地区内では、全ての動植物について、 むやみな捕獲・採取は控えて下さい。
・保護地区内には、自然公園法で定められた国立公園の特別保護地区も含まれており、全ての動植物の捕獲・採取が禁止されています。

※パブリックコメントに対する回答については、近日中に本ホームページ上にて公表する予定です。
※条例第28条に規定されている届出については、別途詳細な手続き要綱を定め、近日中に公表する予定です。

【ダウンロード資料】
  ・石垣市希少野生動植物保全種及び要注意種一覧表(PDF)
  ・石垣市希少野生動植物種保護地区(PDF)
  ・【啓発用チラシ】保全種及び保護地区が指定されました(PDF)


■平成26年度第2回石垣市自然環境保全審議会 審議資料
>>議事次第
>>議事要旨
>>スケジュール
>>資料1(保全種及び保護地区選定検討資料)
>>資料2(保全種及び保護地区に係る保全の取組【素案】)


■平成26年度第1回石垣市自然環境保全審議会 審議資料
>>議事次第
>>委員名簿
>>資料1(石垣市自然環境保全条例に基づく保全種及び保護地区の指定検討について)
>>資料2(検討スケジュール)
>>資料3(保全種及び保護地区選定の考え方)
>>議事要旨


■石垣市自然環境保全基本方針を策定しました。
石垣市自然環境保全基本方針


■ごみの分別
石垣市は5種分別です。ごみは分別して出しましょう
ごみの分け方

↓クリックでPDFファイルをダウンロード
・ごみの分け方 5種分別(PDFファイル)


・【英語版】ごみの分け方 5種分別(PDFファイル)


・【中国語版】ごみの分け方 5種分別(PDFファイル)


↓クリックでPDFファイルをダウンロード
・ごみ出しの手引き(PDFファイル)



■石垣市自然環境保全審議会(第1回)審議会配布資料を掲載しました。
石垣市自然環境保全審議会(第1回)審議会配布資料

▲トップへ

昆虫・害虫

 蚊、ハエ、ゴキブリなどの駆除を公民館、自治会、町内会、各団体などが行う場合の薬剤の支給、 煙霧器の貸し出しをおこなっていますので、必要な方は環境課まで申し込んでください。

■ハチの巣の駆除について

 個人敷地内のハチの巣の駆除は、業者に駆除させてください。公共的な場所については、 市が現状を調査し対処します。

■石垣市煙霧機貸出規程について掲載しました。
石垣市煙霧機貸出規程について

▲トップへ

お墓に関すること

■お墓の設置

お墓を設置しようとする方は、「墓地、埋葬等に関する法律 第10条第1項」及び石垣市墓地等の経営許可に関する規則に基づき石垣市の許可を受けなければなりません。お墓を設置する際は原則として、下記(石垣市墓地等の経営許可に関する規則より抜粋)の条件が必要となります。
a.当該墓地に近接して多数の墳墓があること。(規則第3条)
b.国道、県道その他の主要道路及び河川から30メートル以上離れていること。(規則第5条)
c.公園、学校、病院その他公共的施設及び人家から100メートル以上離れていること。(規則第5条)
  ※お墓の設置を考えてる方は、環境課(0980-82-1285)までお問合せください。

■お墓の遺骨を移転する場合(石垣市に遺骨がある場合)
 遺骨を移転(改葬)する際は、「墓地、埋葬等に関する法律 第5条第1項」に基づき石垣市の許可を受けなければなりません。

1.「改葬許可申請書」に必要事項を記入し環境課へ提出します。
【添付書類】
・改葬する遺骨の方の死亡年月日が確認できる公の証明書(戸籍謄本)
・申請者と改葬する遺骨の方の続柄の確認ができる公の証明書(戸籍謄本)
・現在のお墓の管理者からの「埋蔵証明書」(墓の現所有者なら不要)
・改葬先の「墓地使用許可証」または「改葬受入証明書」
※改葬受入証明書(受け入れる全ての方の遺骨の氏名が明記されたもの、原本のみ。写し不可)

2.申請内容を確認のうえ、「改葬許可証」を発行します。
  ※当日申請での当日の許可証の発行はできません。(事前に申請を行ってください。)

3.遺骨を火葬するときは、市民課に「火葬場利用許可申請」を行い、併せて「改葬許可証」を提示します。

4.手数料及び使用料は下記のとおりです。

手数料(※手数料は、石垣市の証紙で支払う。郵送申請の場合は、郵便局の定額小為替を同封する。)

改葬許可申請1名につき1件手数料/1件200円環境課
受付
火葬場利用許可申請1窯につき1件手数料/1件200円市民課
受付

使用料(※使用料は、市役所内銀行窓口及び会計課窓口で支払う。)

※火葬場利用許可申請(改葬に伴う火葬)
1名の場合使用料/1件10,000円市民課受付
2名以上の場合使用料/1件+使用料/人数10,000円+(使用料/人数)※2名から1名につき3,000円加算

- 改葬許可申請の手続きに必要な物 -(環境課受付)
・申請人の印鑑

- 郵送申請の方法 -
 ※封筒に下記の書類を同封してください。
 ① 改葬許可申請書
 ② 【 添付書類 】
 ③ 手数料(郵便局の定額小為替)

宛 先
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 市民保健部 環境課 施設管理係
電話:0980-82-1285 

改葬許可申請書
改葬許可申請書(記入例)

▲トップへ

石垣市火葬場「やすらぎの杜いしがき斎場」

 平成28年4月1日より供用開始となりました火葬場「やすらぎの杜いしがき斎場」の施設利用につきましては、 石垣市火葬場の設置及び管理に関する条例に基づき下記のとおりとなっています。

■利用時間
 午前9:00 ~ 午後5:00まで

■休場日
 1月1日(元日)

■火葬場使用料金(平成28年4月1日以降の使用料金です)

区分 単位 市内 市外
八重山地区 その他
ア 12歳以上の遺体 1体 23,000円 35,000円 50,000円
イ 12歳未満の遺体 15,000円 23,000円 40,000円
ウ 死産児 8,000円 12,000円 15,000円
エ 手術肢体等(人体の一部) 1人分 5,000円 8,000円 10,000円
オ 遺骨改葬 1体 10,000円 15,000円 20,000円

備考
1 市内に係る使用料は、ア及びイにあっては死亡者の死亡時の住所が、ウにあっては分娩時の父または母の住所が、エ及びオにあっては利用者の住所が、本市にある場合に適用する。
2 市外の「八重山地区」とは、竹富町及び与那国町において住民基本台帳に登録されている場合をいう。
3 「その他」とは、市外において前項の場合以外をいう。
4 遺骨改葬は、1体増すごとに3,000円加算する。

■お願い
 やすらぎの杜いしがき斎場では、前日までの火葬許可申請に伴う施設の利用予約に基づき、火葬場職員のシフト及び配置等を調整し運用を行っております。そのため、火葬業務を円滑に行うためには、前日の午後5時までに正確な施設利用予約状況の把握が必要です。
 よって、火葬許可申請並びに施設の仮予約を行う際には、遅くても前日の午後5時までには行って頂きますようお願いします。

■霊柩車使用料金

区分 使用料 附記
1回利用するごとに 7,000円 死亡した者又は死産した父母の住所が本市以外である場合における
使用料の額は5割増とする。

※火葬場内では、係員の指示に従ってくさだい。
※火葬時間や霊柩車の使用時間等、及び上記使用の申請については市民課(0980-87-9004)に
  問い合わせてください。

▲トップへ

クリーンセンター

■ごみの受付時間

 毎週日曜日と1月1日~3日の間休みです。
 上記以外毎日午前8時30分~午後4時
時間厳守です。

■お問い合わせ

  Tel 0980-88-6100
  FAX 0980-88-6120


■石垣市クリーンセンターへ持ち込めるごみの種類

※分別が基本です。ご協力をお願いします。
↓クリックで拡大します。


「ごみ」を持ち込む時の注意
◆運ぶ途中で車両等から飛び散らないようにカバーやネット等を掛けて下さい。
◆クリーンセンターで分別することはできません。
 ※自宅や集めた場所で分別して下さい。
◆わからない「ごみ」については、事前に電話で問い合わせをして下さい。
◆クリーンセンター内では、標識や、係員の指示に従って下さい。
 ※従わない場合には、持ち込みをお断りする事もあります。


■石垣市クリーンセンターへ持ち込めないごみ

↓クリックで拡大します。

※その他、「燃やさないごみ」とされているもの
※分別をして車に一緒に積んでくることはできます。


■平成24年度施設維持管理状況

 ⇒PDFファイルをダウンロード


■平成23年度施設維持管理状況

 ⇒PDFファイルをダウンロード


■平成23年度ダイオキシン類及び排ガス濃度測定結果

 ⇒PDFファイルをダウンロード


■石垣市クリーンセンター建設の経緯

平成2年 地球環境問題が重要視され、地元の各種団体より「ごみ焼却炉」の建設に向けた要請が相次いだ
平成3年 石垣市の一般廃棄物基本計画を作成。
結果1日に約80tのごみの排出を確認し、 組成分析の結果1日約40tの可燃ごみの排出を確認した
平成4年 建設用地選定委員会設置(2月17日)
建設環境影響評価
建設整備計画書策定
建設委員会設置(12月18日)
平成5年 石垣市は厚生省に対して「40tの2炉」建設の補助金申請をする。
(国庫補助14億1497万円・起債19億4230万円・一般会計3億7623万円)
用地測量設計・地質調査設計・造成設計等を委託
平成6年 12月定例議会にて予算可決(12月16日)
平成7年 沖縄県都市計画地方審議会にて承認(1月6日)
ストーカー方式から流動床方式へ計画変更(2月3日)
嵩田公民館・バラビドー集落会・名蔵公民館との「公害防止協定」締結
入札(2月28日)
工事契約(3月8日)
平成8年 起工式(4月15日)
平成9年 火入れ式(8月25日)~試運転~完成(10月末)
竣工式 (11月25日)
供用開始(11月26日より)


◎全景
環境にやさしく、人にもやさしい石垣市クリーンセンター

◎入口
看板石垣市クリーンセンター入口に設置してあります。

◎計量器
持ち込まれた「ごみ」の量を計ります

◎ダンピングボックス
持ち込まれた「ごみ」の中に危険な物や有害な物等が混入されていないか検査をするところ。

◎そ大ごみ破砕機
1辺70cm以上の「ごみ」を細かくする器械で、電気代がかなりかかります。

◎ピット扉
収集された「ごみ」はここから投入され焼却処理されます。

◎ごみピット
すべての「ごみ」を貯めめて置く場所で、クレーンで撹拌し、均一にしてから焼却炉へ投入します。

◎焼却炉
約950℃の高温で焼却処理します。燃やしてはいけない物等が混入されると焼却炉本体を壊す原因となります。

◎中央操作室
施設すべてをここで監視しコンピューター制御で運転管理を行っています。

◎テクノメーション
施設全体を光と声によって説明する設備で、見学にくると見る事ができます。

◎シャワー室
焼却炉の余熱を利用しています。

◎各バンカー室
焼却後の灰(右)や、焼却炉内に入ってしまった金属等(左)を集めて取り出す場所。

◎公害監視板
有害な物質が煙突から出ないように、運転中は常に監視しています。

◎煙突
クリーンできれいな空気を出すために異常がないかモニターテレビで監視をしています。

▲トップへ

最終処分場

■施設概要

■名 称 石垣市一般廃棄物最終処分場
■所在地 石垣市字大浜上辻原地内
■総面積 約58,000㎡
■埋立面積 約15,200㎡
■埋立容積 約140,000m3
■埋立使用期間 約15年
■工 期 平成9年11月14日~平成11年3月25日
■総事業費 2,224,183千円
■付帯施設 前処理施設、侵出水処理施設、ストックヤード

■平成24年度 石垣市一般廃棄物最終処分場維持管理状況

 ⇒ PDFをダウンロード

■適正化別表

 ⇒ PDFをダウンロード


■前処理施設

■処理能力
資源ごみ・不燃ごみライン: 4t/日(5時間)
廃プラスチック類ライン: 2t/日(5時間)
■選別物
鉄類・アルミ類・残渣・廃プラスチック
■主要機器
破砕機 低速2軸スクリュー式
手選別コンベア ベルト式
磁選機 電磁吊り下げ式
アルミ選別機 永磁ドラム回転式
金属プレス式 一方向圧縮式
廃プラスチック類破砕機 横型破砕機
廃プラスチック減容機 横型スクリュー式
■施設の特徴
一般廃棄物より鉄類、アルミ類等の有価物を回収し、リサイクルします。
手選別ラインを設置し、廃プラスチック類や処理不適物を除去することにより、有価物のスムースな流れを生み純度を向上させます。
廃プラスチック類のみの分別収集にも対応でき、単独に破砕、約1/10に減容・固化し、飛散防止等の環境保全と最終処分場の延命化を図ることができます。

■浸出水処理施設


回転円板装置

高度処理装置
(急速砂ろ過装置+活性炭吸着装置)
■施設の目的 最終処分場内より発生する浸出水を安全かつ衛生的に無害化することで、 地域の生活環境及び公共水域の水質の保全を図ることを目的としています。
■処理能力 日平均処理量 100m3/日
■処理方式
<浸出水処理方式>
回転円板式生物処理法

凝集沈殿法

急速砂ろ過法

活性炭吸着法

紫外線消毒法

塩素消毒法
<汚泥処理方式>
重力濃縮

遠心脱水処理
■設計水質
項目 原水 処理水
pH 6.0~10.0 5.8~8.6
BOD 300mg/㍑ 10mg/㍑以下
COD 120mg/㍑ 10mg/㍑以下
SS 300mg/㍑ 10mg/㍑以下
その他   項排水基準を定める総理府令及び沖縄県条例の基準値以下であること。

■ストックヤード



■施設の概要

構造 鉄骨構造
建築面積 576㎡
機械設備 ホイストクレーン2基、ペットボトル梱包機1基
処理方法 貯留ヤード方式
貯留物 飲料用缶、紙類、ダンボール、ビン類、
ペットボトル、その他プラ容器
工期 平成9年11月5日~平成10年3月20日
事業費 107,520千円

▲トップへ

地球温暖化防止実行計画

第3次石垣市役所地球温暖化防止実行計画
平成28年度石垣市役所(本庁舎)温室効果ガス排出状況

▲トップへ

専用水道及び簡易専用水道の衛生管理について

 石垣市では、平成25年度に沖縄県から引き継いだ「専用水道」及び「簡易専用水道」業務について、 これまで沖縄県の要領等に準じて業務を行ってきましたが、業務を円滑かつ適切に行うため、 平成30年3月1日付けで「石垣市専用水道及び簡易専用水道の衛生管理に関する規則」を制定しました。
 現在専用水道及び簡易専用水道を管理している事業者については、今後この規則に基づき管理していただきますようお願いいたします。
 また、これから専用水道及び簡易専用水道を設置する施設等においては、本規則及び水道法、 水道法施行令、水道法施行規則のほか、沖縄県の取扱要領等を熟読のうえ、申請を行っていただきますようお願いいたします。

石垣市専用水道及び簡易専用水道の衛生管理に関する規則
・各届出様式
  (PDFファイル)
  (Wordファイル)
・沖縄県HP http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/seikatsueisei/seiei_suido/suido_senyo.html

▲トップへ

お問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 市民保健部 環境課
電話:0980-82-1285
FAX:0980-83-9255

▲トップへ

ページトップへ