石垣市トップ > 市民保健部 市民課

国民年金

国民年金とは

国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の全ての方が加入しなければならない制度です。
あなたが万一の病気・けがなどによる障害、大事な働き手を亡くしたときに年金を支給し生活を支えるための制度です。
次の3種類のいずれかに加入しなければなりません。

種 別 加入される方 手続き
第1号被保険者 自営業・自由業・農林漁業・学生・無職などの方で
20歳以上60歳未満の方
石垣市役所窓口
第2号被保険者 厚生年金や共済組合に加入している会社員や公務
員などで70歳未満の方
勤務先(職場)
第3号被保険者 第2号被保険者(厚生年金や共済組合の被保険者)
に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の方
配偶者の勤務先

上記以外に本人が希望して加入することができます。

 〔任意加入制度〕 
・60歳になるまでに年金を受け取るための資格期間(25年)が不足する方は、65歳になるまで加入して、不足期間を満たすことができます。→受給権の確保。
65歳までに資格期間を満たせない場合、昭和41年4月1日以前生まれの方は70歳になるまで加入し、受給権を確保することが出来ます。
・すでに資格期間は満たしているが年金額を増やしたいという方も、65歳になるまで加入することができます。→受給年金額の増額。
・海外に在住している日本人で、20歳以上65歳未満の方
・60歳未満の老齢(退職)年金受給者

▲トップへ

保険料の納付

保険料は、20歳から60歳になるまでの40年間納めなければなりません。
また、将来多く年金を希望する人は「付加保険料」を納めることにより年金額が増えます。

定額保険料
(平成28年4月~29年3月)
付加保険料
年金増額を希望する方
1か月   16,260円 1か月 400円
年齢や所得に関係なく定額 老齢基礎年金に加算


□保険料の納付のしかた

[納付書での納付]
毎月の保険料は翌月末日までに納めます。(日本年金機構から直接ご自宅に郵送される納付書で納めます。)

[口座振替]
当月末日振り替えであれば月々50円がお得になります。更に、その年度の1年分または6か月の保険料をまとめて前払いすると更にお得になります。

[前納制度]
保険料をまとめて前払い(前納)すると、保険料が割引されます。
・2年前納(口座振替のみ)…2月末日までの申し込み
・1年前納(口座振替・クレジットカード納付)…2月末日までの申し込み
・半年前納(口座振替・クレジットカード納付)
   …4月から9月分の前納の場合は、2月末日までの申し込み
   …10月から翌年3月分の前納の場合は、8月末日までの申し込み
・納付書による前納

[電子前納・クレジットカード納付]
インターネットを利用しての保険料納付やクレジットカードによる納付もできます。

納付書の請求・口座振替・納付の相談のお問い合わせは
日本年金機構石垣年金事務所 電話0980(82)9213

▲トップへ

保険料の納付が困難になったとき

さまざまな理由により保険料を納めることが出来なくなったときは、、免除の適用を受けられる場合がございますので、お気軽にご相談下さい。 申請手続きが遅れますと障害基礎年金の審査等に影響いたしますので、早めの手続きをお願いします。

*平成26年4月1日法改正により、申請日より2年1か月前まで遡って申請できます。

□経済的な理由により納付が出来ない方
審査は、申請者本人・申請者の配偶者・世帯主の前年の所得により判定されます。
所得に応じて「全額免除」、「4分の3免除」、「半額免除」、「4分の1免除」などに認定されます。
 
【持参するもの】
※年金手帳または基礎年金番号のわかるもの(納付書等)
※印かん
※本人確認のできるもの
※石垣市へ転入されてきた方は、前年の所得状況を証明できるもの
※失業などの理由の場合
 雇用保険被保険者離職票(コピー可)
 雇用保険受給資格者証(コピー可)
 雇用保険被保険者◇喪失確認通知書(コピー可)

□30歳未満の方
30歳未満であれば、所得の高い世帯主と同居している場合でも申請者本人と、配偶者の所得により保険料の納付が猶予される「若年者納付猶予制度」があ ります。また、若年者納付猶予制度を申請するときに、翌年度以降も継続して納付を猶予することを申し出ることができます。ただし、毎年度、所得の申告が必要です。

*平成28年7月より、納付猶予制度の対象者が50歳未満まで拡大されます。

【持参するもの】
※年金手帳または基礎年金番号のわかるもの(納付書等)
※印かん
※本人確認のできるもの
※石垣市へ転入されてきた方は、前年の所得状況を証明できるもの
※失業などの理由の場合
 雇用保険被保険者離職票(コピー可)
 雇用保険受給資格者証(コピー可)
 雇用保険被保険者◇喪失確認通知書(コピー可)

□学生の方
大学、短大、高等学校などに在学する学生または生徒は、「学生納付特例制度」があります。

【持参するもの】
※学生証のコピーまたは在学証明書(原本)。
※年金手帳または基礎年金番号のわかるもの(納付書等)
※印かん

▲トップへ

給付について

年金を納められてきた方は、請求をすることにより給付を受けることができます。

種別 内 容
老齢基礎年金 保険料を納めた期間(保険料免除期間も含む)が25年(300月)以上ある方は、
原則として65歳から受けられる年金です。
※60歳からの繰り上げや65歳以降の繰り下げもできます。
障害基礎年金 国民年金加入中や20歳前に国民年金法に定める(障害1級・2級)がある病気や
けがになったときに支給される年金です。
※国民年金に任意加入していなかったために、障害基礎年金等を
受けられなかった方は「特別障害給付金制度」があります。
遺族基礎年金 国民年金加入中の被保険者や老齢基礎年金の受給資格を満たした方が死亡したとき、 その方によって生計を維持されていた「子のある妻」、「子のある夫」または「子」に、 子が18歳に達する年度末になるまで、あるいは1級・2級の障害がある子の場合は20歳に なるまで支給されます。
寡婦年金 老齢基礎年金の受給資格を満たしていた方が亡くなったとき、夫に生計を維持され
ていた妻(婚姻期間が10年以上)が60歳から65歳になるまでの間、支給されます。
死亡一時金 第1号被保険者として保険料を36か月以上納めた方が、基礎年金を受けずに亡く
なったとき、生計を同一にしていた遺族が受けられる一時金です。

【繰り上げ支給の場合】
(例)40年間保険料を納めた場合(金額は年額)
60歳6か月で老齢基礎年金を請求したとき
786,500円 × 73%=574,100円

*注意事項*

繰り上げ支給を受ける場合は、障害年金や寡婦年金が申請できなくなる、毎月の受給額が65歳からの受給に比べ少なくなる等の注意が必要です。また、一度繰り上げ支給をされると、その後変更はできませんので、十分にご確認の上で決められてください。

【繰り下げ支給の場合】
(例)40年間保険料を納めた場合(金額は年額)
66歳9か月で老齢基礎年金を請求したとき
786,500円 × 114.7%=902,100円

▲トップへ

こんなときは手続きを

以下のようなときは手続きが必要です。

こんなとき どうする 届出先
20歳になったとき 厚生年金・共済組合加入者以外は国民年金に加入の手続きが必要です。日本年金機構より20歳誕生日前に届出書が同封された通知が届きます。(住所変更などにより届かない場合は、石垣年金事務所か市役所までお問い合わせ下さい。) 石垣市役所
市民課
会社を退職したとき 第1号被保険者の再取得の手続きをする 石垣市役所
市民課
結婚や退職等で配偶者の
扶養となったとき
第3号被保険者への種別変更を行います 配偶者の勤務先
配偶者の扶養からはずれたとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更手続きを行います 石垣市役所
市民課
配偶者が会社をかわったとき 引き続き第3号被保険者となる手続きをする 配偶者の勤務先

▲トップへ

沖縄特別措置の申し出

国民年金制度が沖縄と本土との間で遅れてしまったために始まった特別措置です。
 
【対象者】
大正15年4月2日~昭和25年4月1日までに生まれた方で、昭和36年4月1日~昭和45年3月31までの間に沖縄に住所を有していた期間のある方が対象で、保険料免除期間とみなされます。(20歳未満の期間は除かれます。)

【届出に必要なもの】
1)沖縄特例措置対象者該当申出書

2)昭和36年4月1日~昭和45年3月31日(1961年4月1日~1970年3月31日)までの間に、沖縄に住んでいた期間を明らかにすることが出来るもの。
例えば・・・
ア)当時の住民票の写し
イ)戸籍の附票の写し
ウ)沖縄特例措置に掛かる居住確認申立書

3)昭和36年4月1日~昭和45年3月31日の間に共済加入期間がある場合は、共済加入期間証明書。
(厚生年金期間がある場合は記号番号を記入。)

▲トップへ

問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
 沖縄県石垣市美崎町14番地
 石垣市役所市民保健部市民課 年金担当  Tel 0980-87-9005

▲トップへ

ページトップへ