石垣市トップ > 市民保健部 市民生活課 > 世界平和の鐘の会 沖縄県支部

世界平和の鐘の会 沖縄県支部

私達は、国連憲章に基づき、政治、宗教、思想、信条、 人種的隔たり等にとらわれることなく人類の最も不幸で罪悪な戦争をこの地球上から一掃し、 改めて世界の恒久平和の確立をめざし、活動を推進する。

世界平和の鐘とは

世界平和の鐘とは、第二次世界大戦後の昭和29年(1954年)一人の日本人中川千代治氏によって、 戦争の悲惨さ、平和の尊さを説き、当時の国連加盟国98カ国の協力により提供された コインやメダルをもって鋳造され、ニューヨークの国連本部に寄贈されたものです。
日本では、「世界平和の鐘」の第1号鐘が日本最北端の地稚内市に設置され、第2号鐘は、日本最南端の地石垣市に設置されています。
設置にあたり、石垣市に「世界平和の鐘の会沖縄県支部」が発足しました(平成元年)。
その後、大阪市、比叡山延暦寺にも設置されました。現在では、世界21箇所に鐘楼が建設されています。

▲トップへ

世界各地に設置されている平和の鐘リスト

【日本】
1.沖縄県、石垣市
2.北海道、稚内市、宗谷岬
3.大阪府、鶴見区緑地公園
4.兵庫県、尼崎市元浜緑地公園
5.滋賀県、比叡山延暦寺、根本中堂
【海外】
1.ニューヨーク (国連本部)
2.ドイツ(ベルリン市)
3.ポーランド(ワルシャワ市)
4.トルコ(アンカラ市)
5.カナダ(オタワ市)
6.メキシコ(メキシコ市)
7.ブラジル(ブラジル市)
8.モンゴル (ウランバートル市)
9.オーストラリア(カウラ市)
10.フィリピン(ケソン市)
11.アルゼンテイン(ベノスアイレス市)
12.エクアドル(キトー市)
13.アメリカ合衆国(ロサンゼルス市)
14.スペイン(アルコペンダ市)
15.ウズベキスタン
16.ニュージーランド(クライストチャーチ市)

▲トップへ

世界平和の鐘の会 沖縄県支部の歩み

1988年
(昭和63年)
日本最北端の地、北海道稚内市宗谷岬平和公園の第1号鐘に続き、 日本最南端の地、沖縄県石垣市新栄公園内に「世界平和の鐘」第2号が 設置されることとなる。
「世界平和の鐘」落成式。各国大使、公使41カ国71名が出席(12月10日 於新栄公園)
※世界平和の鐘と同時に「ほほえみの鐘」も併設される。
1989年
(平成元年)
世界平和の鐘の会沖縄県支部が設立される。(2月24日)
宮平良清氏が初代支部長に選任される。
1992年
(平成4年)
石垣市と友好都市・稚内市との間に議定書が交わされ、平和祈念鐘打に関する相互支援鐘打の実施が約束される。
1993年
(平成5年)
第2代支部長に大濵正良氏が選任される。
1994年
(平成6年)
平和の鐘鐘楼の改築工事竣工
1997年
(平成9年)
崎山直副支部長が国連世界平和の日平和祈念鐘打式典へ出席(於米国ニューヨーク)
1998年
(平成10年)
支部設立10周年記念式典・祝賀会(12月10日)
2001年
(平成13年)
第3代支部長に平田哲三氏が選任される。
2008年
(平成20年)
支部設立20周年記念事業・“白旗の少女”大城盛俊氏 平和講演会(6月21日 於石垣市民会館)
同記念事業、「ピースコンサートin石垣」(9月20日 於新栄公園)
支部設立20周年記念式典・祝賀会(9月21日 於ホテルミヤヒラ)
2010年
(平成22年)
経済同友会終身幹事 品川正治氏による平和講演会(3月11日 於市民会館)
第4代支部長に大濵博文氏が選任される。(6月10日)
2012年
(平成24年)
大濵博文氏が支部長に再任される。(5月28日)

▲トップへ

平和の鐘の会沖縄県支部主催の鐘打式

活動名称 時期・期間等 活動内容
新春自由鐘打 1月1日 石垣市長、石垣市議会議長、支部役員をはじめ多数の市民が参加し、新春の打ち初めを行います。 この日は、市民が自由に鐘を撞くことができます。
東日本大震災犠牲者追悼鐘打 3月11日
14:46
2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した大地震による犠牲者追悼鐘打式。
防災の日 明和大津波遭難者慰霊鐘打 4月24日
12:00
明和の大津波が起きた4月24日(1771年)を防災の日とする「石垣市民防災の日を定める条例」制定に伴う記念及び慰霊鐘打式。
慰霊の日鐘打 6月23日
12:00
沖縄戦が公式に終結した6月23日に戦争犠牲者の御霊を慰め、平和を祈念するために鐘打を行います。
Universal Peace Day 呼応鐘打 8月6日
8:15
広島に原爆が投下された毎年8月6日午前8時15分に「戦争の終結」と「核廃絶」を訴える目的で始まった呼応鐘打
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念鐘打 8月9日
11:02
長崎に原爆が投下された毎年8月9日午前11時02分に原爆死没者のめい福と世界恒久平和の実現を祈念するための呼応鐘打
終戦の日鐘打 8月15日
12:00
太平洋戦争が終結した8月15日(終戦記念日)に全戦没者への慰霊のための鐘打を行います。
国際平和の日鐘打 9月21日
12:00
国連が定めた国際平和の日にあたり、ニューヨーク国連本部で国連事務総長ら各国関係者が列席して行われる鐘打に合わせ、 本市でも鐘打を行います。当日は、国連事務総長が世界へ向けて発信する平和のメッセージが英語と日本語で紹介されます。

▲トップへ

石垣市主催の鐘打式へ協力

活動名称 時期・期間等 活動内容
「九人の乙女慰霊の日」平和祈念呼応鐘打 8月20日
12:00
太平洋戦争末期の樺太で犠牲になった九人の電話交換手を慰霊のために北海道支部主催で開催される 鐘打式に呼応して石垣市でも鐘打式が行われています。
子育て平和の日・大韓航空機遭難者慰霊鐘打 9月1日
12:00
稚内市が実施している子育て平和の日並びに大韓航空機遭難者慰霊鐘打に呼応して石垣市でも鐘打式が行われています。

▲トップへ

「世界平和の鐘の会」沖縄県支部会則

 (名称)
第1条 本会は、世界平和の鐘の会沖縄県支部と称する。
 (組織)
第2条 本会は、この会の趣旨に賛同した個人及び団体を以て組織する。
第3条 本会の事務所は、石垣市役所内に置く。
 (目的)
第4条 本会は、政治、宗教、思想、信条、人種にとらわれることなく、本市において、世界平和の確立の重要性を啓発することに努め、もって世界の恒久平和の発展に寄与することを目的とする。
 (事業)
第5条 この団体は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 本会は、平和運動を推進維持するために会員の獲得を積極的に行う。
(2) 本会は、東京本部と密接な連携を図り、世界平和実現のための各種事業を行う。
 (会員)
第6条 本会の会員は、次のとおりとする。
(1) 普通会員及び賛助会員 本会の目的に賛同して入会した個人及び団体。
(2) 名誉会員 本会に特に功労のあったもので支部総会の議決をもって推薦された個人
 (入会)
第7条 会員になろうとする者は、入会申込書に会費を添えて支部長に提出しなければならない。但し、名誉会員に推薦された者は入会の手続きを要せず、本人の承認をもって会員となるものとする。
 (会費)
第8条 普通会員は、年1,000円の会費を納入しなければならない。
2 賛助会員は、年10,000円以上の会費を納入しなければならない。
3 特別の費用を要する時は、常任委員会の議決を経て臨時会費を徴収することができる。

 (役員)
第9条 本会に次の役員を置き、任期は2年とし、再任を妨げない。
(1) 支部長1名
(2) 副支部長2名
(3) 常任委員若干名
(4) 会計監査2名

 (職務)
第10条 本会の役員の任務は次のとおりとする。
(1) 支部長は、本会を代表し、会務を総括する。
(2) 副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故があるときは職務を代理する。
(3) 常任委員は、会務を分掌する。
(4) 会計監査は、会計を監査する。
 (選任)
第11条 本会の役員の選任は次のとおりとする。
(1) 支部長は、総会において選任する。
(2) 副支部長、常任委員は支部長がこれを任命し、総会において承認を得る。
(3) 会計監査は、総会において選任する。
 (事務局長の任命及び職務)
第12条 事務局長には、石垣市役所担当課課長をもってあてる。
2 事務局長は、本会の事務を掌理する。
 (顧問)
第13条 本会には総会承認を得て顧問を置くことができる。
2 顧問は、本会の諮問に応じるとともに会議に出席し、意見を述べることができる。
 (会議)
第14条 本会の会議は、総会及び常任委員会とする。
 (総会)
第15条 総会は、毎年5月に開催し、支部長がこれを招集する。但し、支部長において必要と認めたときは、臨時に総会を招集することができる。総会は本会の重要事項について審議する。
 (常任委員会)
第16条 常任委員会は必要に応じて支部長が招集する。
2 常任委員会は、会務の重要事項について審議する。
 (決議)
第17条 総会における決議は、出席者の過半数をもって決する。
 (経費)
第18条 本会の経費は、会員の年会費等を以て充てる。
 (会計)
第19条 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日迄とする。
2 事務局長が、会計を司る。
3 会計監査を年1回行い、総会においてこれを報告する。


   附 則
1.本会則は昭和63年11月5日より施行する。
2.会則の改正は、総会の決議を要する。
3.本会の会計年度は、昭和63年度に限り11月5日より翌年3月末日迄とする。

   附 則
1.本会則は、平成2年2月24日より施行する。但し、平成元年度の会計年度については、平成元年4月1日から同年12月31日迄とする。
   附 則
1.本会則は、平成5年2月27日から施行する。
2.平成6(1994)年の会計年度は、平成6年1月1日から平成7(1995)年3月31日迄とする。
   附 則
1.本会則は、平成13年5月25日から施行する。
   附 則
1.本会則は、平成25年6月1日から施行する。

▲トップへ

普通・賛助会員の募集

※世界平和の鐘の会 沖縄県支部では普通・賛助会員を募集しております。
会費:
普通会員(個人)一口1,000円/賛助会員(企業等)一口10,000円
※連絡を頂ければ集金に伺います。

▲トップへ

お問い合わせ

  【支部事務局】907-8501 石垣市美崎町14番地
         石垣市役所市民保健部市民生活課
         電話   0980-82-1253
         ファクス 0980-83-9255

▲トップへ

ページトップへ