石垣市トップ > 市民保健部 市民生活課 > 姉妹都市紹介

姉妹都市紹介

岡崎市(愛知県)

太平洋戦争中、石垣島に駐屯していた岡崎市出身の海軍将兵たちが、 昭和39年1月に石垣市立大浜小学校に童話集や参考書を送った。
これを契機に、岡崎市奥殿小学校と石垣市大浜小学校、平真小学校、 明石小学校の3校が姉妹校の締結を行った。
両市の「親善都市締結決議」は、昭和43年12月16日に各々の市議会にて審議、 決議され、翌年44年2月19日、調印が行われた。

岡崎市
http://www.city.okazaki.aichi.jp/index.html

▲トップへ

稚内市(北海道)

昭和58年2月11日、稚内市のまつり「氷雪の広場」の一環で、 稚内市浜森市長と石垣市内原市長が電話による記念通話を行った。
その際、「友好都市提携」の会話が交わされた。
昭和62年8月28日、名古屋鉄道㈱梶井健一社長、 名鉄観光サービス㈱犬飼栄輝社長が仲立ちとなり、両市町が名古屋市に招聘され、 友好都市提携を確認し、覚書に署名した。
稚内市は昭和62年9月12日、石垣市は昭和62年9月18日に市議会にて提携についての審議、決議を行った。
同年9月27日、石垣市民会館で調印が行われた。

稚内市
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/

▲トップへ

蘇澳鎭(台湾)

蘇澳鎮と石垣市は、古くから双方の漁民を中心とした人々の往来が頻繁に行われていた。
また、戦後は台湾から石垣市の嵩田地区に多数の移民がなされるなど親密な交流が続いている。
昭和57年6月25日、蘇澳鎭青年商工会と八重山青年会議所が姉妹都市締結の調印が行われ、 平成7年9月11日、石垣市議会において姉妹都市提携の審議、決議された。
同時期、蘇澳鎮議会においても審議、決議された。
同年チャーター便による国際線にて蘇澳鎮を訪問、平成7年9月27日、姉妹都市締結が行われた。

蘇澳鎭
http://www.suao.gov.tw/releaseRedirect.do?unitID=183&pageID=3037

▲トップへ

ハワイ州 カウアイ郡(アメリカ合衆国)

昭和38年5月1日、アメリカ合衆国ハワイ州カウアイ郡議会において、 石垣市と姉妹関係を結ぶ提案が全会一致で決議された。
その後、諸般の事情により、姉妹都市締結の調印がなされず、36年の歳月が流れた。
平成11年5月17日大濵長照市長がカウアイ島を訪問した際、カウアイ郡長マリアン・クサカが、 「先人が果たせなかった姉妹都市締結の調印を行おう」と表明。
平成11年10月6日、石垣市において姉妹都市締結調印が行われた。

カウアイ郡
http://www.kauai.gov/

▲トップへ

上板町(徳島県)

石垣市と上坂町の縁は、明治26年に阿波板野町神宅(現徳島県上板町) 出身の中川虎之助氏が石垣市名蔵地区に製糖産業を導入するために来島したことに始まる。
以後、徳島県からサトウキビ労働者として移住者が多数訪れるなど、石垣市の振興に大きく貢献した。
平成12年9月18日、石垣市議会において、平成12年9月22日、上坂町議会において、 ゆかりのまち提携について審議、決議され、同年10月6日、上板町にて調印が行われた。

上板町
http://www.townkamiita.jp/

▲トップへ

北上市(岩手県)

平成5年、岩手県は記録的冷害に見舞われ、当時岩手県の農政部長 高橋洋介氏の指揮により、 種もみ緊急増殖事業を沖縄県を通して石垣市の水稲農家に依頼。
翌年見事種もみ増殖事業は成功した。
この縁が契機となり、石垣市と岩手県の交流が始まる。
高橋洋介氏が北上市出身ということもあり、岩手県、北上市とも交流を深め、 スポーツ、教育、文化面においても交流は広がりを見せた。
平成26年1月25日、石垣市にて友好都市提携が行われた。

北上市
http://www.city.kitakami.iwate.jp/

▲トップへ

お問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 市民保健部 市民生活課
電話:0980-82-1253
FAX:0980-83-1427

▲トップへ

ページトップへ