石垣市トップ > 総務部 防災危機管理室

防災危機管理室

お知らせ

■不発弾安全化処理実施のお知らせ

日時などの詳細は下記PDFファイルをご覧ください。
不発弾安全化処理実施のお知らせ

■令和元年度石垣市防災講演会~全市民が防災プロフェッショナル~の開催について

現在、大船渡伝承館長として東日本大震災の震災体験の語り部として活動している齊藤賢治氏をお招きし、東日本大震災発生時の津波からの避難体験や防災の必要性及び災害時に弱者となることが予想される外国人を含む観光客への対応など、今後の防災対策に役立つ講演内容となっております。
入場無料となっていますので、多くの皆様のご来場お待ちしています。

日時:令和元年10月30日(水)19時~21時(開場18時30分)

会場:石垣市民会館中ホール ※入場無料

演題:東日本大震災「あなたに助かってほしいから」

講師:齊藤 賢治 氏(一般社団法人大船渡伝承館 館長)

■不発弾安全化処理実施のお知らせ

日時などの詳細は下記PDFファイルをご覧ください。
不発弾安全化処理実施のお知らせ

■「親と子のお天気教室」開催について

防災危機管理室より「親と子のお天気教室」開催についてのお知らせです。
2019年石垣市「親と子のお天気教室」を、9月14日(土曜日)午後1時より石垣市民会館中ホールにて開催いたします。当日は、楽しい実験や役立つお話、お天気クイズ等を準備していますので市民の皆様のご参加をよろしくお願いします。

「親と子のお天気教室」ポスター

■令和元年度石垣市市民防災訓練について
令和元年度石垣市市民防災訓練を9月1日(日)午前10時より全市民を対象に実施いたします。
本訓練は、自宅及び職場等から最寄りの避難場所まで避難を行い、地域の危険箇所等の確認・検証を行い、実際の災害時に迅速かつ適切な避難行動ができることを目的として実施いたします。また、家庭内での備えをはじめとした「自助」、となり近所との助け合いをはじめとした「共助」を作り上げていくには、「顔の見える関係」が必要です。
市民・地域が協力し合い、安全に避難することができるように、避難訓練に参加して大きな災害に備えましょう。
訓練当日は、防災無線や広報車からサイレンや訓練放送が流れます。また、携帯電話には訓練メールが配信されますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

【お問合せ先】総務部防災危機管理室 87-5533

詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。
 ・令和元年度石垣市市民防災訓練について

■災害時外国人支援サポーター養成講座受講者募集について
詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。
 ・災害時外国人支援サポーター養成講座の開催
 ・募集要項
 ・実施要領
 ・災害時外国ポスター

■逃げ遅れゼロへ!水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります
水害・土砂災害について、石垣市から避難勧告等が発令される際に、「警戒レベル」が同時に伝達されるようになります。
避難に時間を要する方(高齢者等)は警戒レベル3、一般の方は警戒レベル4で避難してください。
詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。
 逃げ遅れゼロへ!水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります

不発弾安全化処理実施のお知らせ
下記PDFファイルをご覧ください
 不発弾安全化処理実施のお知らせ



■令和元年度 不発弾等探査要望箇所の募集について(第2回)
 沖縄県では、「広域磁気探査加速化事業」として主に民間地での不発弾等の探査・発掘事業を実施し、不発弾等の早期処理に取り組んでおります。 そこで民間地の磁気探査を希望する箇所等の調査を行い、磁気探査箇所の選定に反映させ、より効果的な不発弾等の探査・発掘を実施します。 不発弾等が埋没している可能性がある箇所、過去に周辺で不発弾等が発見されていて、安全確認するために磁気探査を要望する方は下記の必要資料をご確認の上、 必要事項にご記入頂き、下記申し込み先まで提出お願い致します。

 ① 磁気探査同意書・磁気探査要望書・各種PDF

※申込締め切り7月10日(水)
申し込み先:
石垣市 総務部 防災危機管理室
電話 87-5533

お問い合わせ先:
沖縄県 知事公室 防災危機管理課 不発弾対策班
電話 098-866-2143


■石垣市防災メール配信システム更新のお知らせ
 平成30年9月1日より石垣市防災メール配信サービスシステム更新の伴い、メールの送信元アドレスが変わります。ご登録者の情報(メールアドレス)は、新システムへ引継ぎますが、メール配信のアドレスが変わりますので、受信できるように指定許可受信の設定をお願いいたします。

新アドレス:ishigaki@sg-p.jp
※新規登録の方は、登録手順書に沿って登録をお願いいたします。

【登録手順】


■津波災害警戒区域等の指定についてのお知らせ
 津波防災地域づくりに関する法律第53条第1項の規定に基づき、平成30年3月27日付けで、沖縄県により「津波災害警戒区域」が次のとおりに指定されましたのでお知らせいたします。

 津波災害警戒区域(通称:イエローゾーン)とは最大クラスの津波に対して津波被害を防止するため、警戒避難体制の整備を行うことにより、住民等が平常時には通常の日常生活や経済社会活動を営みつつ、いざというときには津波から「逃げる」ことができるよう知事が指定する区域です。

◆津波災害警戒区域内では、土地利用や開発行為等に規制はかかりません。
◆宅地建物取引業者は、取引対象となる物件について津波災害警戒区域内にあるときは、その旨を取引相手方等に重要事項として説明が必要となります。

警戒区域の位置など、詳しくは下記の沖縄県ホームページをご覧ください。
http://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/kaibo/tsunamikeikaikuiki.html


■平成29年度石垣市防災講演「防災エンスショーin石垣島」の開催について
 東日本大震災の被災地、宮城県で、防災キャスターとして取材と災害放送にあたった実体験を持ち、 次世代の子どもたちを中心に大震災の教訓を科学実験で楽しく、分かりやすく伝える、テレビ等でも活躍中の、 阿部清人氏の「防災エンスショー」をご覧になりませんか。
そして防災、減災に役立つ知識の重要性について一緒に考えてみませんか。

  平成30年2月10日(土) 15時~ 市民会館 中ホールにて


■平成30年度沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業について
 沖縄県内で、住宅等の新築・建てかえ等を予定している個人や事業者等の建築主を対象に「建築予定地の磁気探査」を支援(補助)します。 磁気探査地の現状や場所によっては、磁気探査できない場所もありますので、詳細につきましては石垣市防災危機管理室までお問い合わせください。 なお、申込み期限が、平成30年2月28日(水)までとなっておりますので、希望者はお早めに申請書の提出をお願いいたします。

» 平成30年度沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業について(PDF)


■弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について
 今般、弾道ミサイル落下時の行動について更なる周知を図るため、弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の画像を活用した 弾道ミサイル落下時にとっていただきたい行動の例に関する資料を作成し、国民保護ポータルサイトに掲載するとともに、 同ポータルサイトにおいて弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の動画及び地方公共団体による周知活動の事例についても 紹介することとしました。

国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/index.html

» 弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について(PDF)


■海岸における漂着物(不審物)等の発見について
平成29年11月19日午後、伊野田小学校付近の海岸にて、漂着物と思われる米国製の訓練用照明弾が発見されました。現在、新たな不審物等の発見はありませんが、海岸に立ち入った際に、不審物を発見された場合は、以下のことに十分注意し、速やかに警察へ連絡してください。

» 不発弾について(PDF)

【危険物(不審物)等を発見した場合】
①絶対に触らないでください。
②決して投げたり、踏んだり、持ち帰ったりしないでください。
③速やかに近くの警察へ連絡してください。(八重山警察署 電話:82-0110)

その他、ご不明な点がございましたら石垣市防災危機管理室までご連絡ください。
【石垣市防災危機管理室 電話:87-5533】


■ブック・DE・サポートについて
 「ブック・DE・サポート」は、「公益社団法人 沖縄県犯罪被害者支援ゆいセンター」の活動を支援するため、古本買取業者「ブック・オフ」を通じて、 持ち込んだ古本等の買い取り査定金額を同団体へ寄付する取り組みです。本活動の趣旨をご理解いただき、市民皆様のご協力をお願いいたします。
※古本等回収場所は、石垣市役所1階 納税課前となっております。

» ブック・DE・サポートについて(PDFファイル)


■石垣市防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインの策定について
 石垣市では、市民が安心して暮らせるまちづくりのため、地域の安全活動に取り組んでいるところです。
 防犯カメラは、犯罪解決や犯罪の未然防止に効果を及ぼすなど、市民の安全・安心という観点から一定の役割を担っています。しかしその一方、個人情報、プライバシーの保護の観点から、その取扱いについては、十分留意することが必要です。
 そこで、石垣市では、防犯カメラの有用性とプライバシーの保護との調和を図り、防犯カメラを適切かつ効果的に活用するため、設置及び運用に関するガイドラインを策定しました。
 このガイドラインに沿って、市民等のプライバシーなどに十分配慮しながら、防犯カメラの適正な設置・運用に努めましょう。

» 「防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」(PDFファイル/795KB)


■災害時における仮設トイレの設置及びし尿収集運搬に関する協定締結について
大規模災害時において、大勢の避難者が予想される収容避難所での衛生管理として仮設トイレの設置及びし尿等の収集運搬等の応急対策が必要となった場合に備え、「災害時における仮設トイレの設置及びし尿収集運搬に関する協定」を平成29年6月9日締結しましたのでお知らせします。
これにより、市が指定する指定収容避難所等において、仮設トイレの設置及びし尿収集運搬の協力要請と支援協力が速やかに行えることになります。

協定締結先

「災害時における仮設トイレの設置に関する協定」
石垣市、㈱双葉建機、㈲岡崎建機、クリスタルベイ・トーケン

「災害時におけるし尿収集運搬に関する協定」
石垣市、水質管理サービス㈲、浄環企画、㈲パラダイスアメニティ㈲、八拳警備保障、サンケー浄化槽、㈲先島メンテナンス

 » 災害時におけるし尿等の収集運搬に関する協定書(PDFファイル)
 » 災害時における仮設トイレの設置に関する協定書(PDFファイル)


■弾道ミサイル落下時の行動について(更新)
弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、市民の皆さんへお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達
○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で 特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた直後に取るべき行動
【屋外にいる場合】
○近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。
【屋内にいる場合】 ○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。
なお、さらに詳しい情報については、関連リンクを参照ください。

国民保護ポータルサイト http://www.kokuminhogo.go.jp/

弾道ミサイル落下時の行動について(その1)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou1.pdf

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou3.pdf

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達に関するQ&A
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalertqa.html


■弾道ミサイル落下時の行動について
北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、 関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしておりますが、 この度、昨今の情勢を踏まえ、問い合わせが多く寄せられていますので、 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動について、お知らせいたします。

 別添1:弾道ミサイル落下時の行動について
 別添2:弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A


■交通事故巡回相談について
明日9月27日10時より予定していた交通事故巡回相談は、台風17号接近に伴い延期となります。
次回開催時期については調整中です。

■沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業の募集について
 ⇒詳しくはこちら

▲トップへ

石垣市防災マップ

土砂災害危険箇所等の緊急周知について
広島市における大規模な土砂災害をはじめ、近年は局地的な大雨により全国で大規模な土砂災害が相次いで発生しております。
土砂災害から身を守るためにも、付近の土地が土砂災害に対し危険な箇所かどうか、今一度「石垣市防災マップ」で確認をお願いします。

ご覧になりたいエリアをクリックしてください。▼



 » 石垣市防災マップ 表紙
 » ①はじめに・石垣防災マップ索引図
 » ②地域の防災
 » ③地震への備え
 » ④津波への備え
 » ⑤風水害への備え・土砂災害に備えて
 » ⑥応急手当について
 » ⑦住宅磁気探査について・国民保護について
 » ⑧防災情報

▲トップへ

津波防災マニュアル

 「津波防災マニュアル」は、平成16年に八重山地方における日頃の津波防災知識の普及と 地震発生時の津波防災対応に資する目的で、当連絡会において作成されました。
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災を経て、国が設置した「津波避難対策検討ワーキンググループ」等で示された 今後の津波避難対策の具体的な方向性や気象庁の津波警報改善を踏まえ、平成24年5月より石垣島気象台が中心となり具体的な 見直し作業を行いました。
 本マニュアルは、
  ○ 津波の基礎知識
  ○ 津波警報等の解説
  ○ 津波災害の特徴
  ○ 東日本大震災を踏まえた今後の津波避難対策のあり方 など
多角的な視点からまとめられており、市・町における地域防災計画の検討や学校・福祉施設等の公共機関、事業所・ホテルなどに おける津波防災マニュアル作成の参考資料としても広く活用できるものとなっています。
 ぜひ、市民並びに事業者の方々はこのマニュアルを参考にし、津波警報等の発表時には適切な行動をとっていただきますようお願いいたします。

 (津波防災マニュアルHP ⇒ http://www.jma-net.go.jp/ishigaki/know/tmanual/home.html)

▲トップへ

石垣市地域防災計画(平成28年3月修正)

 今回の修正は、東日本大震災や近年多発している甚大な風水害等の教訓はもとより、国の災害基本計画の修正、沖縄県地域防災計画の修正を踏まえて行いました。
 今後も法律などの改正、国の基本的な方針を踏まえ、沖縄県等と連携しながら検討を行い、必要な見直しを進めていきます。

 ・ 修正の要旨〔PDF:830KB〕
 ・ 本編〔PDF:5135KB〕
 ・ 巻末図表〔PDF:494KB〕
 ・ 資料編〔PDF:8799KB〕

▲トップへ

石垣市国民保護計画

石垣市の国民保護について

■石垣市国民保護計画
 「武力攻撃事態等」における国民の保護のための措置に関する法律」(国民保護法)が平成16年6月に成立しました。 この法律は、日本に対する外部からの武力攻撃に備え、国、都道府県、市町村等の責務や国民の保護のための措置などを 定めたものです。この法律に基づき、石垣市では平成25年3月に「石垣市国民保護計画」を作成しました。

平成25年3月:「石垣市国民保護計画」策定
令和元年12月:一部変更(現行)

 石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】
 石垣市国民保護計画(資料編)【PDFファイル】
 参考 石垣市国民保護計画(概要版)【PDFファイル】

■石垣市関係条例
 石垣市国民保護協議会条例【PDFファイル】
 石垣市国民保護対策本部及び石垣市緊急対処事態対策本部条例【PDFファイル】

■石垣市国民保護協議会
 石垣市国民保護協議会運営要綱【PDFファイル】
 国民保護協議会委員名簿【PDFファイル】

石垣市国民保護協議会の開催
<平成24年度>
 平成24年度 第1回石垣市国民保護協議会 開催結果
 平成24年度 第2回石垣市国民保護協議会 開催結果
<令和元年度>
今回の変更は、国民保護法施行令第5条の軽微な変更に該当するため、協議会を開催せず、意見照会のみ実施。

▲トップへ

防災行政無線自動音声応答ダイヤル

緊急時一斉放送システム(防災行政無線)
自動音声応答サービスを開始しました

災害時などは、緊急時一斉放送システム(防災行政無線)で、市民の皆様に情報をお知らせします。
こうした防災行政無線から放送された内容を、電話で確認することができる自動音声応答システムを導入しました。

自動音声応答サービス専用ダイヤル
電話番号:0120-107-601

【注意事項】
○回線が込み合っている場合は、つながりにくいことがあります。しばらくしてからおかけ直しください。
○電話のかけ間違いにご注意ください。
○平常時には下記のメッセージが流れます。
「こちらは、石垣市防災行政無線音声応答ダイヤルです。現在、防災情報や警報のお知らせはございません。」
○災害情報の広報(例)
「こちらは、ボウサイ・イシガキシヤクショです。ただいま、石垣島地方に暴風警報が発令されました。厳重な対策を講じるとともに、今後の情報に注意するようお知らせいたします。」

▲トップへ

災害情報一斉メール配信サービス

 ○災害情報一斉メール配信サービスの登録方法について(PDF)

▲トップへ

交通・防犯

石垣市暴力団排除措置要綱の制定について

令和元年12月に、暴力団等反社会勢力の排除と警察及び関係機関との連携強化を目的に「石垣市暴力団排除措置要綱」を制定いたしましたので、周知いたします。

石垣市暴力団排除措置要綱



石垣市では、市民の安全と安心を確保していくため第9次石垣市交通安全計画を定め、様々な交通安全対策を推進しています。本計画は、平成23年から27年までの5か年計画であり、①交通社会を構成する人間、②車両等の交通機関、③それらが活動する場としての三要素の相関関係を見据えながら、効果的な交通安全対策を講じると共に、迅速的な救助、救急体制の確立などに取り組んでいきます。

第9次石垣市交通安全計画
計画の内容は ≫こちらから(PDF)





飲酒運転は犯罪です 
 「飲んだら乗るな!飲むなら乗るな!」
 飲酒をする場合は、アルコールの正しい知識を身につけ節度ある飲酒に心がけましょう。

◇アルコールの与える影響


◇飲酒運転の推移

▲トップへ

石垣市交通安全推進協議会

石垣市交通安全推進協議会は、交通事故を絶滅し、市民の生命と財産を守り、安心・安全な住みよいまちをつくるため、市民そうぐるみで交通安全運動を積極的に推進することを目的に取り組んでいます。

石垣市交通安全推進協議会役員
 ⇒ PDFファイル


協議会が行う主な運動
運動の名称 運動の名称 実 施 方 針
春の全国交通安全運動 4月6日(金)

4月15日(日)
10日間 国の交通安全対策本部の決定に基づき、
県交通安全推進協議会、石垣市交通安
全推進協議会の実施要綱により実施する。
夏の交通安全県民運動 7月11日(水)

7月20日(金)
10日間 沖縄県交通安全推進協議会及び石垣市交通安
全推進協議会の実施要綱により実施する。
秋の全国交通安全運動 9月21日(金)

9月30日(日)
10日間 国の交通安全対策本部の決定に基き、県交通
安全推進協議会、石垣市交通安全推進協議会
の実施要綱により実施する。
年末・年始の交通安全県民運動 12月21日(金)

平成25年
1月4日(金)
15日間 沖縄県交通安全推進協議会及び石垣市交通安
全推進協議会の実施要綱により実施する。

石垣市交通安全指導員
 ⇒ PDFファイル

▲トップへ

台風襲来時における一時避難所について

■台風時の一時避難所について
石垣市では、台風襲来時における避難所を石垣市健康福祉センターとしています。
特別警報発令の可能性がある場合には、北部地区は、伊原間中学校、西部地区は、川平小中学校内(わかば幼稚園)を台風緊急避難場所として開設します。

■開設基準
一時避難所は、暴風警報発令時に一時的に開設するものです。暴風警報が解除となった場合は、石垣市健康福祉センター所長の指示により閉鎖をします。
 ただし、暴風警報解除が深夜0時を超える場合や深夜の帰宅に危険が伴い、帰宅が困難な場合は、午前7時までとします。

■避難所ではルールとマナーを守りましょう
①一時避難所での水、食料については、避難者自身で用意して下さい。ただし、アルコール類の持ち込み、飲酒は禁止です。(※食事は、パーラーハッピー前のいこいの広場でお願いします。)
②寝具等は、各自で持参して下さい。
③一時避難所は、健康福祉センター館内1階「子どもセンター、集団検診ホール」となっていますので、各階の施設や事務所等への立ち入りはご遠慮下さい。
④一時避難所へのペットの同伴はできません。
⑤健康福祉センターは、敷地内全面禁煙です。
⑥ラジオ等を聞く場合は、イヤホンを利用するか、音量を下げて周りに配慮して下さい。
⑦パソコン等を使用する際は、いこいの広場で使用して下さい。

■お問合せ先
石垣市健康福祉センター ℡ 88-0088
石垣市防災危機管理室  ℡ 87-5533

▲トップへ

交通白書(八重山版) 沖縄県八重山警察署

» 平成29年 交通白書(PDFファイル)

▲トップへ

お問い合わせ

ご意見・ご質問等がありましたら、下記までご連絡願います。
〒907-8501
沖縄県石垣市美崎町14番地
石垣市役所 総務部 防災危機管理室
電話:0980-87-5533
FAX:0980-83-1427

▲トップへ

ページトップへ