星まつり新着情報

今年の南の島の星まつり星空ウィークは平成26年8月2日(土)〜8月10日に決定

問合せ先

  南の島の星まつり
  実行委員会事務局
  電話
  0980(82)1212
  FAX
  0980(82)1911





  お 礼

 星の宝庫「石垣島」の魅力を満載して9日間に亘り開催された 「南の島の星まつり2014」は、大盛況のうちに全プログラムを終了いたしました。
 イベント初日の「ライトダウン星空展望会&夕涼みライブ」は 台風の影響で石垣島らしい満天の星と天の川を仰ぐことができませんでしたが、 「晴れ」を祈る多くの方の気持ちが夜空に届き、夏を代表する星々が顔を出し、 祭りを楽しむことができました。
 今年の星まつりは、「美ら星の歌」「星の名前」募集に加え、 北海道なよろ市立天文台のご好意により「隕石展」という 新たなプログラムが加わり、全国の天文ファンの目と心が石垣島に集まりました。
 全島一斉ライトダウンにご協力いただいた市民の皆様、ご支援賜りました島内、 島外の協賛団体、関係機関、並びに高校生ボランティアの皆様に対し、 心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

「南の島の星まつり2014」実行委員会
委員長(石垣市長)中 山 義 隆

  「美ら星の歌」入選作品

南の島の星まつり2014
 「美ら星の歌」入選作品  選者 俵 万智

【国立天文台長賞】
母ちゃんと 買い物帰り 星を見る あった見つけた 夏のさそり座
宮城 風花

【市長賞(5作品)】
画用紙に なんどもかいた 月旅行 土星のわっかで おにぎりきゅうけい
杉原 彩

ビックバン ひとつの点から 生まれ落ち 星もぼくらも 宇宙のこども
寺家 彩

ねころがり 星空見上げ 目をつぶる はりついている 地球に私
大辻 智津子

満天の 星を味方につけたから 何でも言える 「好きだ」と言える
菊地 麗子

島中を 白く優しく包み込む 月光に 今夜三線ひびく
波照間 千夏

 ⇒「美ら星の歌」入選作品

  「小惑星(2008QA3)の名前」当選者発表

 石垣島天文台で最初に発見した(小惑星番号:372024)の名前は、

『 あやぱに 』

 2008年に石垣島の国立天文台施設で開催された高校生たちによる 「美ら星探検隊」で、高校生(大M彩音さん)が発見した小惑星の名前を募集しました。
 たくさんの応募の中から、「あやぱに」を国立天文台長賞に選び、 この名称を国際天文学連合に推薦することにしています。
 「あやぱに」は、八重山地方で歌い継がれた代表的な古謡「鷲ぬ鳥節」の 一節にあるカンムリワシの美しい羽根を意味することばで、「綾羽」とも書かれます。
 「鷲ぬ鳥節」は、石垣島発祥の古謡で、かんむり鷲の雛が立派に育って、 正月の空の飛び立ってゆく様子を謡った目出度い祝いの歌で、座開きの席でよく歌われています。
 応募された名称は多岐にわたっていましたが、かんむり鷲に関連する名前が多くあり、 実行委員会では、発見者の名前の一部の「あや」もかけあわされている「あやぱに」を国立天文台長賞としました。

国立天文台長賞 
「あやぱに」 宮良 りみ
市長賞 
「かんむりわし」 とみもと ひより
学校賞
 名蔵小中学校

 ⇒「小惑星(2008QA3)の名前」当選者発表

  「晴れ」星に願いを☆

 明日(8/2)の「ライトダウン星空観望会&夕涼みライブ」は 予定通り南ぬ浜緑地公園(旧石垣港新港地区サザンゲート広場)で行います。
 当日の天気予報は晴れ(8/1午前6時予報)、降水確率10%です。 旧暦の七夕となる明日8月2日が、満天の星空になることを祈り、 多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

  八重山商工高校生作ライトダウンCM完成!

八重山商工高校生が職場実習に来ました。
ICTさんの実習生とコラボして、ライトダウンCMを作成しました。
構成や出演者、編集すべて実習生による作品です。
次々にストーリーを作り出す高校生のアイディアに感激しました。
是非、多くの皆さまのご視聴とライトダウンへのご協力をお願いいたします。

  ライトダウン時のお知らせ

平成26年8月2日(土)午後8時30分〜9時30分まで
バイパス(730交差点から平得交差点)は石垣島一斉ライトダウンの一環として、
街灯を消灯いたします。安全運転をお願いいたします。
ライトダウンへのご理解とご協力をお願いします。

  南の島の星まつり2014ポスター

南の島の星まつり2014ポスターができあがりました!
掲出にご協力いただける方は下記までご連絡ください。
なくなり次第終了となりますのでご了承ください。
事務局:82-1212(担当:武久)

  出演者情報(アーティスト情報)UPしました

⇒ 詳しくはこちら

  南の島の星まつり2014記念講演会

講師:郷田 直輝(国立天文台研究連携主幹、教授 JASMIN計画プロジェクトリーダー)
演目:〜星の地図と動きから謎解きに挑む!〜まだまだ分かっていない宇宙と天の川
日時:8月3日(日) 開演:13:30〜
場所:南の美ら花ホテルミヤヒラ
⇒ 詳しくはこちら

  南の島の星まつりプラネタリウム

毎年大好評!4mドームを使って、八重山の星や星座を紹介します。
(無料、当日予約制です。)
 ⇒ 詳しくはこちら

  小惑星(2008QA3)の名前を募集します

石垣島天文台で最初に発見した新天体 小惑星(2008QA3)の名前を募集します。
 ⇒ 詳しくはこちら
募集終了しました

  「美ら星の歌」募集

星や月、星空をテーマにした短歌を募集します。
 ⇒ 詳しくはこちら
募集終了しました

  南の島の星まつり2014開催日程決定!

今年の南の島の星まつり星まつりウィークは平成26年8月2日(土)〜8月10日に決定しました!

イベント詳細につきましては、決定次第順次UPしていきます。

  南の島の星まつりとは?

★石垣島をライトダウンしてみんなで楽しもう満天の天の川★
日本最南端の八重山地方は赤道に近く、殆どの星座を見ることができる。また、八重山地方では300年ほど前から星座観測を行い農耕を営んでいたことを示す「星図」と呼ばれる古文書も現存し、古謡や言い伝え等の「星の伝説」があることから「星文化の宝 庫・八重山」とされる。これらの環境条件及び文化的背景を活かし、星空資源の魅力を楽しむことを趣旨に旧暦の七夕の時期に開催する。




-SpecialThanks-