こ博150509

更新日:2020年03月02日

開 講 式5月9日(土曜日)、当館において平成27年度こども博物館教室(第33期生)の開講式をおこないました。今年度は、石垣市内の12の小学校から元気ある45名の児童が受講しています。全9回の講座を通して、八重山・石垣島の自然、歴史、民俗をみんなと一緒に学びます。
●●●●●●●● ●●●●●●●●
 開講式では、はじめに東迎館長のあいさつがありました。館長から「1年間、元気に楽しくがんばってください」との言葉が送られました。

 次に、石垣教育長のあいさつがありました。教育長からは「この講座を通して、自らをたくさん磨いて、輝いてください」との激励のことばが送られました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
 続いて、受講生の自己紹介をおこないました。初めて出会う仲間たちに緊張しながらもそれぞれ好きな教科や趣味、1年間の抱負など思い思いの紹介をしました。

開講式のあとは、博物館内の展示を見学しました。
●●●●●●●● ●●●●●●●●
 見学では、学芸員の解説のもと、当館に所蔵されている考古学資料や八重山の生活の様子が描かれた「蔵元絵師画稿」、古文書、八重山の年中行事に登場する旗頭や獅子、また八重山焼などの工芸、漆器などについて学習しました。 みんな展示物をじっくり見ながら、一生懸命メモをとっていました。今日は驚きと発見がたくさんあったと思います。

 次回は、第1回講座「自然観察」です。実際におもと岳(沖縄県で一番高い山)に登って、そこに生息する貴重な動植物を観察します。