第6回「篆刻教室」

更新日:2020年03月02日


第6回講座 「篆刻教室」
11月21日(土曜日)、玉代勢忠雄氏、入嵩西覚氏、田福宏美氏の3名を講師に招いて、第6回講座「篆刻教室」をおこないました。
●●●●●●●● ●●●●●●●●
  今回の講師は、玉代勢忠雄先生、入嵩西覚先生、田福宏美先生の3名をお迎えしました。先生方は丁寧にやさしく指導していただきました。

  始めに、玉代勢先生から文字の成り立ちについての歴史を学びました。その後、篆刻について学び、「朱文」と「白文」それぞれの彫り方の説明を受けました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
  一人ひとりに印材と印刀が配られ、オリジナル印鑑作りがスタートしました。印材には、自分で選んだ名前の一文字が「朱文」か「白文」で書かれています。これは、講師の方々がこの日のために墨入れをしてくださったものです。

 刃物を使うということもあって、みんな集中して彫り進めていきました。一度彫ってしまうと元には戻らないので、みなさん真剣です。
●●●●●●●● ●●●●●●●●
  彫り終えたら、試し押しをして仕上がりを確認します。削り残しがあれば直しを加えて、完成させます 。   世界に1つしかない、自分の手で掘ったオリジナル印鑑!いろんなものに捺して、大切に使ってほしいです 。

次回は、第7回講座「野鳥観察」です。