平成26年度こども博物館教室 第2回 文化財・史跡めぐり

更新日:2020年03月02日

平成26年6月7日(土曜日)第2回講座 「文化財・史跡めぐり」
●●●●●●●●
講師の石垣久雄先生。「みなさんは八重山の宝です。たくさん勉強して、
八重山をよりよくしてください」と、 激励のことばをいただきました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
はじめに、博物館に展示されている「開元通宝」や「唐人墓碑」を見ました。
これから見学するコースに関連する資料です。

「蔵元」は、琉球王府時代に八重山を治めた役所でした。
現在の博物館西隣一帯にありました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
「美崎御嶽」では、神女マイツバの伝説や、
神聖な場所の説明を聞きました。

「大濱信泉記念館」 大濱先生が残された業績や言葉は、
私たちに夢や希望を与えてくれました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
「桃林寺・権現堂」 桃林寺山門の仁王像は、沖縄県に現存する
唯一の仁王像と知って驚きました。

「ヤドゥピキ屋」は、仲間満慶山英極の居城だったと言われています。
急な階段を登りながら、「こんなところで生活してたんだ」と驚きました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
野底小学校のきれいな校庭をお借りして、楽しいお弁当タイム。
他校の児童とも仲良くなりましたね!

「ティラ石」からの災いを防ぐ「赤口(アカフチィ)」。
「シーサーはやっぱり強いなぁ!」

●●●●●●●● ●●●●●●●●
「フナクヤー」は、石垣島の北部半島の付け根で、1番くびれている所です。
太平洋側のナータ浜から東シナ海側の伊原間湾まで、歩数を数えました。

「アダドゥナー」は、宮良にあるウリカー(降り井戸)です。
途中まで降りて、水汲み場を見学しました。
「昔の人は大変だったんだな〜」

●●●●●●●●
「フルスト原遺跡」は、屋敷囲いと考えられる石垣が15ヵ所見つかっています。
昔の人々の生活の痕跡を感じながら、記念撮影を行いました。

●●●●●●●● ●●●●●●●●
「オヤケ赤蜂之碑」の側には、妻・クイツバの碑がありました。
実在の人物だったことを初めて知ったお友達もいるようでした。

「崎原公園の津波石」 こんなに大きな石が打ち上げられるほどの
力を持った大津波が、石垣島を襲ったことに驚きました。

●●●●●●●●
今回の講座では、石垣島を1周しながら、歴史や文化についてたくさん学びました。
文化財は、島の宝物です。大切に守り、受け継いでいきましょう!