【新型コロナ関連】食品ロス削減推進について

更新日:2021年05月26日

新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用推進

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品について、新たな販路の確保やフードバンクへの寄附を通じて、食品として有効活用する取組みを推進しています。

農林水産省のホームページを参考に、未利用食品の有効活用に取り組んでみましょう。

 

新しい生活様式での食品ロス削減の工夫

新型コロナウイルス感染症禍において、感染及び感染拡大防止のため3密を回避や人と人との距離の確保等、「新しい生活様式」が求められています。

お店などは、営業時間の短縮や客席の削減等を行う一方で、テイクアウトやデリバリー、インターネット販売を行う等の工夫をして食品ロス削減の取組みを行っていますので、こうしたサービスを利用したり、ご家庭で購入した食料品を使い切るなどの工夫をすることで食品ロス削減に取組みましょう。

消費者庁ホームページで紹介されている食品ロス削減の取組みを参考に実践しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

市民保健部 環境課 生活環境係
〒907-8501 沖縄県石垣市字真栄里672番地
電話番号:0980-82-1285

メールフォームによるお問い合わせ