石垣島の野生生物の採取について

更新日:2020年03月02日

 

 豊かな自然に恵まれた石垣島は、離島という閉鎖された環境の中で育まれた古くから生息する固有種や希少種などの貴重な野生動植物が多く生息しています。これらの生物のうち、国や県、市指定の天然記念物や、石垣市自然環境保全条例の中で特に保護する必要があると認められる種として定められた保全種については石垣市内での捕獲を原則禁じておりますが、そのほかにも多くの種が絶滅の恐れのある生物として環境省や沖縄県のレッドデータブックに記載されています。つまり天然記念物や保全種に指定されていなくても絶滅の危機に瀕している動植物は数多く存在しており、石垣島に生息する多くの種が島内の生態系の構築に重要な役割を担っています。

 石垣島の豊かな自然と貴重な動植物を保護し、未来に残す為に天然記念物や保全種に指定された種以外の動植物に関しましても乱獲や大量捕獲等の行為は控えていただくようご協力お願いいたします。

 ※石垣市自然環境保全条例において保全種に指定されている動植物を許可無く採取や殺傷、又は損傷した場合は30万円以下の罰金に処される場合があります

 

この記事に関するお問い合わせ先

市民保健部 環境課 自然環境係
〒907-8501 沖縄県石垣市美崎町14番地
電話番号:0980-82-1285

メールフォームによるお問い合わせ