台風時のごみの収集

更新日:2021年08月03日

台風時のごみ出しや対策について(お願い)

台風時のごみ出しについて

  1. 台風時のごみ出しは大変危険ですので、次の収集曜日に出すようにしてください。
  2. 暴風警報発令中は、ごみの収集は行いませんので、ごみを出さないようにしてください。ごみ処理施設も閉鎖しますので、直接搬入もできません。(暴風警報の解除が12時以降となった場合、その日のごみ収集は中止、ごみ処理施設は終日閉鎖となります)
  3. ごみの収集が中止となる場合は、次の収集曜日に出してください。すでにごみを出されている場合は、自宅に持ち帰り次の収集曜日に出してください。
  4. 台風後は、ごみの排出量が多くなるため、収集が遅れる場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

台風等の強風による飛来物について

台風時の強風により近隣から飛んでくる飛来物は、飛来物があった場所の管理者が片付けなどを行うことになります。

近隣の方に迷惑をかけないためにも、外に置いてあるプランターやごみ箱など、強風で飛ばされそうなものを事前に片付けたり、ロープ等で固定するなどの対策を早めに行ってください。

強風で飛ばされたものがごみとなり、生活環境や公衆衛生を害するほか、海や川などに流れ出て島の自然環境に悪影響を与えてしまいます。

市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

台風時のごみ収集体制

台風時のごみ収集体制
  生活系ごみ(そ大ごみ含む) ごみ処理施設

8時29分までに

暴風警報が発令されている場合

収集は中止

施設閉鎖

(持ち込み不可)

8時30分以降に

暴風警報が発令された場合

その時点から収集を中止

その時点から施設閉鎖

(持ち込み不可)

11時59分までに

暴風警報が解除された場合

その時点から収集を開始

場内の安全確認後、施設開所

(持ち込み可)

12時00分以降に

暴風警報が解除された場合

その日の収集は中止

その日は施設閉鎖

(持ち込み不可)

※予約済みのそ大ごみは、翌週の同じ曜日に収集します。 

台風ごみの取扱い

台風ごみの片付けにご協力ください。

【台風ごみの処理】

暴風警報が発令され、家の敷地内あるいはヤーヌマーリ(家の周辺)にごみが飛んできた場合の処理は次の方法で行います。

台風ごみの処理は、市民一人ひとりのご協力が必要ですので、よろしくお願いします。

【木の枝、落ち葉、板切れ】

  1. 指定ごみ袋に入れるか、指定ごみ袋で包むかなどして燃やすごみの収集曜日に門前に出す。
  2. 指定ごみ袋に入れずに、ご自身でクリーンセンターへ持ち込む(ごみ処理手数料を現金で支払う必要があります)。

【プラスチック類やその他不燃ごみ】

  1. 指定ごみ袋に入れ、燃やさないごみの収集曜日に門前に出す。
  2. 指定ごみ袋に入れずに、ご自身でクリーンセンターへ持ち込む(ごみ処理手数料を現金で支払う必要があります)。

 

台風時に飛散した所有者不明のそ大ごみ(人工物に限る)の取扱い

台風時には、強風等により所有者不明のごみが飛来又は飛散することがあります。

台風後に、飛来した所有者不明のそ大ごみが発生した場合には、暴風警報解除の日から14日以内に石垣市環境課まで無料収集の依頼をしてください。

ただし、飛来したとの判断に疑義が生じるものや所有者が判明するものに関しては、石垣市環境課での無料収集は行いません。

▼下記のごみは台風ごみに該当しませんので、通常のごみ出しルールに従ってください。

  • 自宅から出るごみ(壊れた雨戸、割れた植木鉢など)
  • 枝、葉など

この記事に関するお問い合わせ先

市民保健部 環境課 生活環境係
〒907-8501 沖縄県石垣市字真栄里672番地
電話番号:0980-82-1285

メールフォームによるお問い合わせ